東京の格安マンスリーマンション比較 » 【PR】長期滞在した場合の費用や一般賃貸との違い

【PR】長期滞在した場合の費用や一般賃貸との違い

仕事の関係などで急に他の土地に住む必要ができた場合、まずは住む場所を確保する必要があります。そこで候補に上がってくるのが、「マンスリーマンション」または「一般賃貸」という2つの選択肢ではないでしょうか。

しかし、実際どちらを選んだら良いかはなかなかわからないという人が多いかもしれません。そこでこのページでは、マンスリーマンションと一般賃貸の初期費用・1年間住んだときの費用の違いなどについてまとめています。

マンスリーマンションに1年滞在した場合の費用

会社の異動の時期、急に長期出張や転勤などが決まる場合があるでしょう。長期の出張などの場合は、引越し先で新しい住居を見つける必要があります。

この場合にはさまざまな選択肢が考えられますが、マンスリーマンションまたは一般的な賃貸住宅を選ぶ方が多いのではないでしょうか。ここでは、マンスリーマンションと一般的な賃貸住宅の家賃についてどのような違いがあるのか、そして1年間住んだ時の家賃はどれくらいになるのかといった点について見ていくことにしましょう。

入居時にはどれくらいの金額がかかるのか

もし「1年間その土地に住む」となった場合に、「マンスリーマンションやウィークリーマンションではいくらかかるのか」ということを見ていきましょう。入居時には下記のような費用がかかってきます(1ヶ月あたりの料金を94,000円と想定)。

※ここで挙げている数字は一例です。住む場所や物件によって異なりますので、自分がすむ地域ではどのくらいの金額になるのかをシミュレーションしてみることをおすすめします。

  • 家賃 94,000円
  • 敷金 0円
  • 礼金 0円
  • 仲介手数料 0円
  • 水道光熱費 0円
  • その他一時金 30,000円

「その他一時金」とは、例えばクリーニング代や管理費が必要になってきます。上記の料金を足すと、「初期費用:124,000円」となっています。

また、一般的な賃貸住宅に住むとなった場合には下記のような費用がかかってきます(1ヶ月の家賃を60,000円と想定)。

  • 家賃 60,000円
  • 敷金 60,000円(家賃の1ヶ月分)
  • 礼金 60,000円(家賃の1ヶ月分)
  • 仲介手数料 60,000円(家賃の1ヶ月分)
  • 水道光熱費 およそ20,000円
  • その他一時金 およそ300,000円

「その他一時金」には家具や家電を用意する費用などが考えられます。そのため、すでに家具などを持っている場合には一時金については上記よりも抑えることができるでしょう。上記の金額を全て足すと「560,000円」となっています。

このように、初期費用について考えると一般的な賃貸住宅よりもマンスリーマンションの方が抑えることができます。特に敷金・礼金・仲介手数料が不要である点、さらに水道光熱費についても毎月の利用料金に含まれている点もポイントとなってくるでしょう。また、家具や家電が初めから部屋に備え付けられている物件も多いことから、初めて一人暮らしをする、家具や家電は持っていないという人にはマンスリーマンションの方が得であるといえるのではないでしょうか。

長期滞在の場合はマンスリーマンションがお得

また、マンスリーマンションの特性として、滞在する期間が長くなればなるほど1ヶ月または1日あたりの家賃がやすくなるという点が挙げられます。一般賃貸の場合はいくら住んでも家賃に変化はありませんので長期滞在することがわかっている、またいずれは引越しするということがわかっている場合には、マンスリーマンションがおすすめです。

また、上記の初期費用を踏まえて、1年間同じ部屋に入居した場合の費用はどうなるのかを見てみることにします。

マンスリーマンションの場合は、1ヶ月目の初期費用は「124,000円」、1年後の累計費用は「1,158,000円」となります。また、一般賃貸の場合には1ヶ月目の初期費用は「560,000円」、1年後の累計費用は「1,220,000円」です。

それぞれの家賃の内訳を見て見ると、1ヶ月分の家賃や一般的な賃貸住宅の方が安く設定されてはいるものの、初期費用がかかってしまうために、1年間借りた場合でもマンスリーマンションの方が安く借りることができます。ただし、1年を超えて住む場合には賃貸住宅の方が安くなるタイミングがありますので、その場合にはあらかじめシミュレーションをした上でマンスリーマンションを借りるのか、一般賃貸住宅を借りるのかといったことを検討すると良いでしょう。

東京でマンスリーマンションに長期滞在するなら

マンスリーマンションと一般住宅に住む際に必要な費用について紹介してきました。マンスリーマンションは敷金や礼金が不要、また家具や家電があらかじめ設置されているということから初期費用が抑えられるなど、さまざまなメリットがあります。また、水道光熱費が1ヶ月の家賃に含まれている点も注目したいポイント。滞在する期間によっては一般賃貸よりもマンスリーマンションの方がおトクに利用できることもありますので、しっかりとシミュレーションを行っておきましょう。

例えば東京のマンスリーマンションであれば契約期間別にプランを取り扱っている「ユニオンマンスリー」がおすすめ。ライフスタイルに併せて検討してみてはいかがでしょうか。

ユニオンマンスリーのこだわり

ユニオンマンスリー公式HP画像

引用元:ユニオンマンスリー(https://www.unionmonthly.jp/)

ユニオンマンスリーの基本情報

  • 運営会社名
    ユーアンドアールホテルマネジメント株式会社
  • 所在地
    東京都新宿区西新宿7-7-26ワコーレ新宿第一ビル 2階 Workmedi
こだわり別のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
王冠長期滞在するなら
王冠すぐに入居したいなら
女性が安心して借りられる物件なら
短期滞在するなら
価格の安さなら
ペット可の物件なら
オートロック対応の物件なら
ネット環境がある物件なら
クレジットカード決済可の物件なら
駐車場付きの物件なら
ファミリー向けの物件なら
2人以上で入居するなら
テレワーク・在宅ワークをするなら
都内エリア別
格安物件を扱うマンスリーマンション会社まとめ
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
台東区エリア
中央区エリア
文京区エリア
千代田区エリア
羽田エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
社宅利用
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
長期滞在する来客向けにも活躍する短期賃貸マンション
東京の格安マンスリーマンション会社の
口コミ・評判をチェック!
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
ウィークリーマンションドットコム
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました!
目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション
短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点
短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由
マンスリーマンションで起こりやすいトラブルについて
【PR】長期滞在した場合の
費用や一般賃貸との違い
サイトマップ