旅行

ビジネス利用だけじゃない!旅行でもマンスリーマンションがおすすめ

宿泊にかかるコストを抑えたい人に長期旅行の際利用してほしいのが、マンスリーマンションやウィークリーマンションです。以前までは出張や研修、単身赴任といった法人利用が主だった物件。現在では旅行や就職活動、仮住まいなどさまざまな用途で利用されるようになってきました。その背景には、ホテルの空室不足があるようです。

■海外からの旅行客でホテル不足に

世界的な日本ブームの影響で海外からの観光客が増えたため、日本の各地でホテル不足が深刻化しています。今後も観光客が増えると、都内を中心にホテルの予約がさらに取りにくくなるだけではなく料金が値上がりする可能性も。そのため、最近ではマンスリーマンションがホテル代わりの宿泊施設として注目されているのです。

■長期滞在ならマンスリーマンションがおすすめ

マンスリーマンションは利用期間によって費用が決まり、期間が長いほどリーズナブルになります。運営する会社にもよりますが、短期プランなら1週間、長期プランなら12カ月プランまで選択可能。長期間利用するとホテルよりも宿泊費を抑えられるので、旅行で利用する人も増えているようです。マンスリーマンションは1週間以上の旅行を計画している人におすすめだといえるでしょう。

マンスリーマンションがお得になるのは何泊から?

マンスリーマンションは長期旅行の際にお得に宿泊できる施設です。とはいえ、どのくらいの期間から利用したほうが良いのかは判断が難しいのではないでしょうか。ここではマンスリーマンションの利用の方が安くなる「長期」とは何泊なのか解説します。うまく活用すれば、リーズナブルで充実した旅が実現できるはず!旅行を計画する際の参考にしてみてください。

■2泊3日

短期間の旅行の場合は、マンスリーマンションよりもホテルのほうがお得です。マンスリー(月単位)マンションやウィークリー(週単位)マンションは、長期滞在を念頭に置いた料金設定になっています。そのため、1日あたりの宿泊費は安くなる代わりに一定の期間宿泊しなければなりません。2泊3日から1週間未満の旅行であれば、マンスリーマンションよりもホテルに宿泊したほうが契約の手間もかからず便利です。

■1週間(7泊)

マンスリーマンションやウィークリーマンションを利用したほうが、場合によってはお得になります。条件によって異なりますが、ホテルと同じような条件なら1泊あたりの宿泊費が安くなることも。さらに宿泊費が同じくらいならホテルよりも広い場合がほとんどなので、広々としたスペースでくつろげるでしょう。1部屋単位で契約するので、2名以上で利用しても料金は変わらないのでお得です。ただし利用人数に制限がある部屋もあるので、事前の確認が必要になります。

■2週間(14泊)

宿泊期間が2週間以上になる場合、ホテルよりマンスリーマンションのほうがお得になります。家具や家電もそろっているので、自宅と同じような生活が送れます。ホテルでは自炊ができないので必然的に外食がメインとなりがち。宿泊費のほかにも飲食代がかさんでしまいます。マンスリーマンションなら自炊することで食費の節約にもなるだけでなく、旅行先の特産品を使って料理を楽しむことが可能。宿泊費を抑えながら、旅行を満喫することができます。

■1か月(約30泊)

1カ月以上滞在する旅行の場合も、断然マンスリーマンションがお得だといえます。期間が長くなればそれだけ料金がリーズナブルに。ホテルと違って寝具やタオルの洗濯、掃除、消耗品の補充をする必要がありますが、自分のペースで利用できるのでリラックスできるでしょう。またある程度広い部屋なら来客があっても気兼ねなく招待することができます。旅行先で地元の人と仲良くなって、ご当地料理を教えてもらうなんてこともあるかもしれませんね。

旅行時にマンスリーマンションを利用した人の口コミ・体験談

長期観光するためにマンスリーマンションを借りました。駅から近いところや、閑静な住宅街などさまざまな条件の場所に建てられているので、気に入った物件を見つけるまでが早かったです。快適な旅行を楽しみたかったので、グレードの高い物件を選択。部屋のグレードが高いとセレブになった感覚で、旅行も数倍楽しくなる気がしますね。生活に必要な設備が完備されているので、自炊もできました。外食に飽きたときは、地元の食材を使って料理を楽しむのも醍醐味のひとつ。マンスリーマンションは、誰にも邪魔されない自由気ままな旅行を楽しみたいという人におすすめだと思います。

長期休暇をもらえたので、念願だったぶらり旅を決行することにしました。しかしホテルや旅館は予約が取れず…。どうしようかと思っているときにマンスリーマンションのことを知りました。しかも、ホテルや旅館よりも宿泊費が安くなるとのこと。生活に必要な設備が整っているので快適に暮らせますし、料理も自分の作りたいものが作れて最高でした。長期間の旅行をするなら、マンスリーマンション以外考えられないですね。

春休みを利用した東京旅行で利用しました。隅田川の近くで、部屋からの眺めが最高◎。船の往来や散策している人が隅田川と一枚の絵のようでした。夜に対岸の高層マンションの光が作り出す夜景もキレイでしたよ。周辺にはスーパーやコンビニがあったので買い物には困らなかったです。ホテルに泊まるよりも宿泊費を抑えることができましたし、念願の東京旅行を満喫できました。また長期的な旅行をする際は利用したいと思います。

敷金・礼金・仲介手数料がないマンスリーマンションは、金銭面で余裕がない私にありがたい宿泊施設でした。1ヶ月契約タイプを利用しましたが、1週間単位で契約できる短期プランもあるとのこと。もちろん、利用期間が長くなるほどリーズナブルな料金になります。枕や布団はレンタルなので、自分で用意する必要がないのも◎。購入しても持って帰るのは面倒ですからね…。退去時はポストに鍵を入れるだけなので、とても楽でしたよ。

ホテルよりもお得に滞在!コストを抑えたマンスリーマンションはこちら>>

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

キャンペーンバナー
○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
テレワーク・在宅ワークをするなら
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
ペット可の物件なら
オートロック対応の物件なら
ネット環境がある物件なら
クレジットカード決済可の物件なら
駐車場付きの物件なら
2人以上で入居するなら
ファミリー向けの物件なら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
台東区エリア
中央区エリア
文京区エリア
千代田区エリア
羽田エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
社宅利用
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
長期滞在する来客向けにも活躍する短期賃貸マンション
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました
目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション
短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点
短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由
サイトマップ