恵比寿

恵比寿エリアの特徴

恵比寿で暮らしたいと思った時に、気になるのが暮らしやすさの問題ですよね。そこで注目したい、治安と利便性、アクセスについてご紹介します。

治安の良さ

特に気になる治安情報ですが、渋谷区の中でも治安はかなり良い方と言われています。そのため、一人暮らしでも安心して生活していけるでしょう。ただ、駅前は犯罪率が高いので離れた場所を選択した方が無難です。

生活の利便性

利便性も非常に良いとされています。スーパーや100円ショップなどもあるので、毎日の買い物にも困りません。ただ、物価は少し高めとされているので、どれくらいの価格で物が販売されているのかは早い段階で確認しておきたいですね。

アクセスの良さ

JR山手線、埼京線、湘南新宿ラインなどが利用できるので、都心へのアクセスも便利です。このあたりも、若者から高齢者まで多くの方から恵比寿が選ばれている大きな理由の一つだといえるでしょう。

恵比寿エリアのマンスリーマンション家賃相場

実際に恵比寿でマンスリーマンションに暮らそうと思った場合、どれくらいの家賃相場となっているのでしょうか。マンスリーマンションの契約料について確認してみると、1ヶ月契約で3,600円/日~4,900円/日となります。

つまり、31日住むことを考えると、111,600円から151,900円という計算に。

これは、マンスリーマンションではなく、通常の家賃相場と比較して考えるとどうなのでしょうか。恵比寿周辺の一般的な家賃相場を確認してみると、次の通りとなっています。

1R/11.38万円
1K/12.40万円
2DK/13.44万円

比較してみてもマンスリーマンションの方が安く済む可能性が高いといえるでしょう。

アクセスが非常に便利な地域ということもあり一般的に家賃が高くなるのは仕方ないので、できるだけ家賃を安く抑えたいと思っている方はマンスリーマンションで生活することについても検討してみてはどうでしょうか。

恵比寿エリアの主要観光地、人気スポット

◆恵比寿ガーデンプレイス
サッポロビール工場跡地の再開発事業として誕生した複合施設です。なんといってもその魅力は施設の大きさだといえるでしょう。範囲は非常に広く、中にはオフィスビルやデパート、レストラン、集合住宅、美術館など実に様々なものが入っています。
なお、入り口の正面に位置するビルはサッポロビール本社となっていて、恵比寿麦酒記念館も併設されているのが特徴です。広大な敷地となっているので、事前にエリアマップについて確認しておくと気になっている建物がどこにあるのか把握できるでしょう。

◆アトレ恵比寿
本館は1階~7階、西館は地下1階~地上8階まである大型の商業施設です。なんといっても大きな魅力は、豊富な品揃えでしょう。若い方が多く訪れていますが、ファミリー層を中心に高い人気を誇っているので、暇があれば立ち寄ってみるのがおすすめ。
駅ビルということもあり、JR恵比寿駅からすぐの場所にあります。スカイウォークの途中にあるので、雨の日でも駅から濡れることなくアクセスできるのは嬉しいですね。

恵比寿エリアのマンスリーマンションを扱うおすすめな業者はここだ!

恵比寿エリアでマンスリーマンションを取り扱っている業者はいろいろとあるのですが、その中でも、特に評判が良い3社についてまとめました。自分にぴったりの家を見つけたいと思っている方は、是非ともこちらの業者に相談をしてみてはどうでしょうか。

取り扱っている物件数も多いので、きっとお気に入りのマンスリーマンションが見つかるはずです。

ユニオンマンスリー
ユニオンマンスリーの公式HP画像
画像引用元:ユニオンマンスリー公式HP
(https://www.unionmonthly.jp/)
24件もの取り扱いがあるマンスリーマンション業者です。客室数は2,837室を運営する東京都内屈指の運営会社ということもあり、選択肢が多いのも魅力だといえるでしょう。
料金システムもわかりやすく、滞在プランは最短1日以上~最長12ヶ月未満まで5つのコースが用意されているので、自分にとってぴったりのものを選択しやすいのもポイントです。
ユニオンマンスリーの公式HPはコチラ>>
リブマックス東京
リブマックス東京の公式HP画像
画像引用元:リブマックス東京公式HP
(https://www.weekly-monthly.net/tokyo/)
こちらは取り扱いの物件数が33件となっていて、特に幅広い間取りの物件を多く取り扱っているのが特徴です。
滞在プランは、最短7日~最長7ヶ月以上も可能となっていますが、ロングプランの場合は上限が特に決められていません。
ファミリー向け物件もあるので、住まいの建て替え時などにも活用できるのが魅力だといえるでしょう。
リブマックス東京の公式HPはコチラ>>
快適マンスリー
快適マンスリーの公式HP画像
画像引用元:快適マンスリー公式HP
(http://www.kaiteki-monthly.com/)
取り扱い物件数は3件とそれほど多くはないのですが、リピート率は50%と高い評判を誇っています。
大きな魅力ともいえるのが、シンプルな料金システム。寝具代は別途必要、他に日100円の保険料が発生しますが、仲介手数料や敷金、礼金といったものはかかりません。
滞在プランも最短14日~364日目の中で4つ用意されているので、チェックしてみてくださいね。
快適マンスリーの公式HPはコチラ>>

価格の安さで選ぶ東京のマンスリーマンションをチェック>>

東京で初期費用がゼロのマンスリーマンションを見つける

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

キャンペーンバナー
○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
テレワーク・在宅ワークをするなら
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
ペット可の物件なら
オートロック対応の物件なら
ネット環境がある物件なら
クレジットカード決済可の物件なら
駐車場付きの物件なら
2人以上で入居するなら
ファミリー向けの物件なら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
台東区エリア
中央区エリア
文京区エリア
千代田区エリア
羽田エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
社宅利用
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
長期滞在する来客向けにも活躍する短期賃貸マンション
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました
目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション
短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点
短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由
サイトマップ