研修・プロジェクト

研修時の短期的な法人寮として使えるマンスリーマンション

研修を受けている様子のイメージ

企業研修や企業合宿など、オフィスを飛び出し、外の環境でトレーニングをすることは、どの会社でも一般的に行なわれます。

良く見かけるケースとして、2日間や3日間の短期集中的な研修が多いかと思いますが、この場合、ホテルや研修スペースに隣接した部屋などに宿泊し過ごすことがあるでしょう。

ちょっとした修学旅行感覚ということもあり、ホテルや研修スペースに隣接した部屋などで過ごすことは問題ありません。

しかし、それが年間を通じて、入れ替わり立ち替わりで研修を行っている法人企業の場合、都度部屋を抑えるのは手間暇がかかりますし、コストが割高になります。

そこで、マンスリーマンションを法人で借りてしまうことも1つの手。寮のような使い方をすることで、コストを抑えた研修の運用をすることが可能になるのです。

研修時のマンスリーマンション活用事例

会社の研修などで比較的利用される施設として挙げられるのがマンスリーマンションとビジネスホテルです。その費用相場を見てみるとこのような結果になりました。

■マンスリーマンション(3か月の場合)
月額賃貸料:16万円×3か月=48万円
光熱費:0円
一時金など:3万円/初回のみ
火災保険:0円
家具家電など:0円
-----------------------------------------------------
合計:51万円

■ビジネスホテル(3か月の場合)
月額賃貸料:7,000円/1日×3か月(1か月あたり30日で計算)=21万6千円
光熱費:0円
一時金など:0円
火災保険:0円
家具家電など:0円
-----------------------------------------------------
合計:64万8千円

1か月以内であればビジネスホテルのほうがお得に利用できるかもしれませんが、それ以上の日数になると、やはりマンスリーマンションの方が経済的です。さらに自炊や洗濯などができるのも大きなポイントといえるでしょう。

長期研修やプロジェクトではプライベートな空間も必要

ある程度長い時間缶詰になるような研修や泊まり込みのプロジェクトなどでは、プライベートな時間も必要になります。

常に集団行動をしていると、家族がいる人はなかなか連絡を取ることができませんし、何より常に他人と一緒で気疲れしてしまう人が出てきます。

学校の部活などの寮などでも、年長者になれば個室が与えられるように、気心知れた間柄でも常に集団で寝泊まりしていると、ストレスが溜まってしまうものです。

そのようなストレスを与える研修ならそれでも良いのですが、一刻も早く戦力となるための新人研修だったり、新しい事業を立ち上げるための集中的なプロジェクトだったりする場合は、日中の能率が下がってしまいます。

そこで、ホテルほどのコストがかからずに、プライベートな個室で過ごすことができるマンスリーマンションを選択する法人が増えているのです。

新人研修時は休息できる環境がとくに必要

新人研修時は右も左もわからない状態です。同世代の人と一緒に過ごすとはいえ、初めてのことばかりで1日中緊張状態になっています。

この緊張状態が長く続いてしまうと、疲労が蓄積され、後々の研修に悪い影響を出してしまうのです。新人だからこそ、休息できる環境を用意することで、一刻も早い戦力化に近づけることができます。

新人だからといって、雑な環境を用意してはいけません。できるだけ家に近い環境をマンスリーマンションで用意することによって、厳しい研修も新人の方々はちゃんと乗り越えてくれるでしょう。

マンスリーマンションを法人契約して寮のように使用することによって、研修期間中の環境を整えつつ会社のコストを抑えることが可能になります。そういった場合におすすめなのは、長期滞在可能なマンスリーマンションでしょう。このサイトでも、利用条件ごとにおすすめのマンスリーマンション会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

長期滞在可能で法人契約におすすめのマンスリーマンションはこちら>>

研修時にマンスリーマンションを利用した人の体験談

ふきだし「約1か月の間、会社の研修のため東京のマンスリーマンションで生活を送りました。駅から歩いて10分ほどの場所にあり、周囲には居酒屋やコンビニがあることから、とても便利で快適な研修期間を過ごすことができました。管理人に一度も顔を合わせることがなかったので、気分の面でもとても楽でした。これからもマンスリーマンションを利用することがありそうなので、大いに活用していきたいと思います」

ふきだし「私の会社は、入社して3か月間は本社のある東京で研修を行うことになっています。そのため私も含めた約30人が都内にあるマンスリーマンションに泊まることになりました。そこで初めてこういった期間限定のマンションを活用したのですが、家具や電化製品などが初めから備え付けられていたので、本当にカバンひとつで何も持っていきませんでした。とても便利でしたよ!」

ふきだし「ぼくが入社した会社は各県で半年の間新人研修を行わなければならないということもあり、全員マンスリーマンションを活用していました。さながら寮生活といった感じです。生活に必要な設備はそろっていたので、自分で洗濯や炊事を行うことができ、ベランダに洗濯物も干せるので、清潔で快適な環境で研修生活を送ることができました」

【コラム】準備するべきもの

マンスリーマンションは経済的な部分だけでなく、必要最小限の持ち物でそれまでの生活と変わらないクオリティの生活を送ることができるというメリットがあります。そのメリットは会社の研修などの行事においては非常に高く作用してくれます。何しろ、この研修のために新しく物を購入する必要がなく、入居するときも、退去するときもじつに身軽に行動ができるからです。

ただ、細かい日用品などは現地で購入する必要性が出てくると思いますので、柔軟に入手しておくといいでしょう。特にあると便利なものを挙げておくと、洗濯ばさみ、キッチン洗剤、スポンジ、お風呂用の洗剤、ビニール袋など。マンションの周りにある100円ショップなどで気軽に購入することができます。

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
東京駅エリア
浦安エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
サイトマップ