研修・プロジェクト

研修時の短期的な法人寮として使えるマンスリーマンション

研修を受けている様子のイメージ

企業研修や企業合宿など、オフィスを飛び出し、外の環境でトレーニングをすることは、どの会社でも一般的に行なわれます。

良く見かけるケースとして、2日間や3日間の短期集中的な研修が多いかと思いますが、この場合、ホテルや研修スペースに隣接した部屋などに宿泊し過ごすことがあるでしょう。

ちょっとした修学旅行感覚ということもあり、ホテルや研修スペースに隣接した部屋などで過ごすことは問題ありません。

しかし、それが年間を通じて、入れ替わり立ち替わりで研修を行っている法人企業の場合、都度部屋を抑えるのは手間暇がかかりますし、コストが割高になります。

そこで、マンスリーマンションを法人で借りてしまうことも1つの手。寮のような使い方をすることで、コストを抑えた研修の運用をすることが可能になるのです。

長期研修やプロジェクトではプライベートな空間も必要

ある程度長い時間缶詰になるような研修や泊まり込みのプロジェクトなどでは、プライベートな時間も必要になります。

常に集団行動をしていると、家族がいる人はなかなか連絡を取ることができませんし、何より常に他人と一緒で気疲れしてしまう人が出てきます。

学校の部活などの寮などでも、年長者になれば個室が与えられるように、気心知れた間柄でも常に集団で寝泊まりしていると、ストレスが溜まってしまうものです。

そのようなストレスを与える研修ならそれでも良いのですが、一刻も早く戦力となるための新人研修だったり、新しい事業を立ち上げるための集中的なプロジェクトだったりする場合は、日中の能率が下がってしまいます。

そこで、ホテルほどのコストがかからずに、プライベートな個室で過ごすことができるマンスリーマンションを選択する法人が増えているのです。

新人研修時は休息できる環境がとくに必要

新人研修時は右も左もわからない状態です。同世代の人と一緒に過ごすとはいえ、初めてのことばかりで1日中緊張状態になっています。

この緊張状態が長く続いてしまうと、疲労が蓄積され、後々の研修に悪い影響を出してしまうのです。新人だからこそ、休息できる環境を用意することで、一刻も早い戦力化に近づけることができます。

新人だからといって、雑な環境を用意してはいけません。できるだけ家に近い環境をマンスリーマンションで用意することによって、厳しい研修も新人の方々はちゃんと乗り越えてくれるでしょう。

マンスリーマンションを法人契約して寮のように使用することによって、研修期間中の環境を整えつつ会社のコストを抑えることが可能になります。そういった場合におすすめなのは、長期滞在可能なマンスリーマンションでしょう。このサイトでも、利用条件ごとにおすすめのマンスリーマンション会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

長期滞在可能で法人契約におすすめのマンスリーマンションはこちら>>

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社