建て替え・リフォーム中の仮住まい

建て替え・リフォーム中の仮住まいにマンスリーマンションを使う

大切に家の模型を手に持っているイメージ画像

一戸建てに住んでいる方で、ある程度築年数を重ねると、建て替えやリフォームが必要になります。この場合、1日、2日で終わることはまずないので、短期的に住まいを切り替える必要があります。

このように、本来帰る場所があるものの、住宅の建て替えやリフォームを行う間借りる賃貸住居のことを「仮住まい」と言います。このような工事で仮住まいを必要とするのは、1ヶ月~6ヶ月ぐらいが目安になると言われています。

マンスリーマンションを利用するメリットは、入居までの初期費用の安さがあげられます。

一般的な賃貸物件の場合、敷金礼金に加え鍵の交換費など、さまざまな費用が発生します。マンスリーマンションでは入居費用が比較的安く抑えることができるため、短期的な住まいとして利用するのにピッタリなのです。

仮住まいでのマンスリーマンション活用事例

それでは、建て替えやリフォームの仮住まいに通常の賃貸物件を選んだ場合と、マンスリーマンションを選んだ場合の事例を比べてみましょう。

■通常の賃貸物件を選んだ場合の費用相場(4か月の場合)
月額賃貸料:10万円×4か月=40万円
敷金:20万円
礼金:20万円
仲介手数料:10万円
-----------------------------------------------------
合計:90万円

■マンスリーマンションを選んだ場合の費用相場(4か月の場合)
月額賃貸料:13万円×4か月=52万円
契約時の必要経費:1万7千850円
入居予約金:2万円
-----------------------------------------------------
合計:55万7千850円

通常の賃貸物件を選択した場合に、最も費用のかかるポイントは「敷金や礼金」、そして「仲介手数料」です。この事例だけを見れば、そこだけで50万円もかかることがわかります。その点、マンスリーマンションでは、入居をするために必要な経費と予約金を支払うのみ。浮いたお金で新しい家具や家電などを十分に賄えることができるので、少しでも安く抑えたいという方はマンスリーマンションをぜひオススメします。

家族全員での入居におすすめファミリー向けマンション

気をつけなければならないのは、マンスリーマンションの多くは、単身者向けの間取りが多いことです。二人以上が入れる物件はありますが、家族全員(4人以上)で入居する場合、まずは物件の有無を確認してみてください。

マンスリーマンションは入居費用が抑えられること、家具家電がついている部屋が多いという点がメリットとしてあげられますが、単身向けの部屋が多いので注意が必要です。

逆に、一般的な賃貸物件の場合は住まい選びの選択肢が広く、ライフスタイルや家族構成によってピッタリな部屋を見つけやすい点や、マンスリーマンションと比較して毎月の家賃が抑えられるというメリットがありますが、入居時の初期費用が多くなる点がデメリットと言えます。

仮住まいを必要とする期間と場所などを考慮して、マンスリーマンションの使用有無を決めてみてはいかがでしょうか?

マンスリーマンションを使用した方が、結果的にコストパフォーマンスが良かったという声も多く聞かれますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

仮住まいでマンスリーマンションを利用した人の体験談

ふきだし「家の新築工事を行うための代わりの住まいを探していると、業者さんにマンスリーマンションを使うことを勧められました。結論から言ってしまえば、安く抑えることができて大満足。家電なども全部そろっていたので、家族全員で不自由なく生活することができました」

ふきだし「自宅の改築でマンスリーマンションを利用することに。仮住まいのつもりだったのですが、オートロックだったり、10階だったので見晴らしがよかったり、テレビは薄型の大画面だったりと、とても贅沢な生活を堪能することができました。元の質素な生活に戻るのに大変です」

建て替え中におすすめ!コストを抑えたマンスリーマンションはこちら>>

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社