社宅利用

マンスリーマンションは社宅として最適!

出張や転勤、社員寮として利用される社宅。マンスリーマンションを活用すれば、経費が削減できることをご存知でしょうか?

社宅は企業が借主となり、マンションやアパートの契約を行ない社員へ提供するのが一般的。その場合、初期費用として敷金や礼金、仲介手数料がかかります。転勤スパンが短い会社だと短期間での利用が多くなるため、初期費用を払ってもすぐに引き払う場合も。そうなると、初期費用の無駄が大きくなってしまいます。ほかにも鍵の交換や清掃費、保険などの費用も発生します。

また一般的な賃貸物件の場合、短期や長期の利用で家賃が変わることはなく、契約を更新するために手数料がかかります。さらに家具や家電、光熱費のことも考えなければなりません。

初期費用を必要とせず、家具や家電がそろっているマンスリーマンションなら、それらの悩みを一挙に解決してくれるのです。

法人契約でマンスリーマンションを利用するメリットとは

マンスリーマンションを法人契約することのメリットをご紹介します。出張や研修、単身赴任はもちろん、社員寮として活用するのもおすすめです。

1週間以上の契約なら費用を節約できる

マンスリーマンションは、基本的に1週間から1年間まで契約が可能です。6日以内ならホテルに泊まったほうがお得ですが、1週間以上滞在するならマンスリーマンションの利用をおすすめします。1日あたりの宿泊費を抑えられるため、経費の節約につながります。

1つのマンションにまとめて部屋を確保できる

複数の部屋を用意する必要がある場合でも、1つのマンション内で契約をまとめることができるためとても効率的です。マンスリーマンションの取り扱い物件数の多い業者に相談すると、希望に沿った部屋探しができます。

契約時に来店する必要がない

電話やFAX、メールで契約できるマンスリーマンションなら、来店する手間を省けます。暗証番号で入室できる物件なら鍵を受け取る必要もありません。申し込みから契約まで来店不要にて手続きできるため、早ければ当日入居も可能です。

長期利用で個別契約を結べる

年間の利用期間が長い法人なら、法人ごとの特別契約を締結できるマンスリーマンションもあります。優先的に物件を借りることができ、割引を受けることでコスト削減も可能。また契約手続きを簡素化することで、業務の手間を省けます。

希望に合わせた物件を紹介してくれる

予算と地域を伝えることで希望に沿った物件を紹介してくれるため、自ら物件の調査を行なう必要がありません。最適な物件を探そうと思うとかなりの労力を必要とします。実績のあるマンスリーマンション業者なら条件の合う物件を素早く提案してくれるでしょう。これまで培ってきた経験を活かして物件を選んでくれるため、社宅として最適な物件を選べるのです。

幅広いネットワークでサポートする

全国展開している企業でも、社員研修は一部の地域で集中して行われることが多々あります。もしも数週間から数カ月にわたる研修であれば、長く住む場所が必要になるのは間違いありません。全国展開している業者なら、全国に張り巡らせたネットワークを活用してマンスリーマンションを紹介してくれます。大手の業者なら取り扱い物件も多いため、物件を見つけるのも比較的早いといえるでしょう。地域に強い業者であれば、人気が高く市場に出回らないような物件を案内してくれることもあります。また現在ではマンスリーマンション業者の公式サイトで全国にある物件を探せるので、利用してみると良いでしょう。

社宅のプロがアドバイスしてくれる

マンスリーマンションを社宅として提供している業者であれば、今まで培ってきたノウハウを活用してアドバイスしてくれます。社宅に適している物件選びから運用方法はもちろん、退去時の手続きも代行してくれるため業務の手間を省くことが可能です。

物件を管理する手間がかからない

マンスリーマンションなら会社として物件を所有しないため、部屋を管理する必要がありません。人事の状況によって物件を借りることができるため、必要な時に必要な期間だけ利用することができるので便利です。

手間と経費を抑えられるのがマンスリーマンション

マンスリーマンションを利用することで、社宅や社員寮のコストを抑えられます。予定よりも早く引き払う場合でも、初期費用を抑えることができるため、経費のムダを省くことにもつながるのです。

社員にもメリットがある?社宅としてのマンスリーマンション

マンスリーマンションを利用するメリットは、社宅を用意する法人側だけにあるのではありません。利用する社員にとっても、うれしいポイントが満載です。

生活に必要な道具をそろえなくていい

マンスリーマンションには生活に必要な冷蔵庫やレンジ、収納棚といった家具・家電がはじめから用意されています。対して、一般的な契約でアパートやマンションを借りている場合は自分で用意しなければなりません。せっかくそろえたとしても、滞在期間が短い場合はあまり使わなかったものが引っ越しの荷物となってしまいます。

マンスリーマンションならカバン1つで入居しても当日から普段通りの生活ができ、引っ越しする際の手間も最小限に抑えることができるのです。

生活費を節約することができる

マンスリーマンションは、水道光熱費やインターネット通信などの料金が家賃に含まれていることがほとんど。一般的な賃貸住宅を利用するよりも生活費を節約できます。

水道光熱費は生活していくうえで必要不可欠なライフラインですし、インターネットが無料で使えるなら、WiFiを利用することでスマホの通信料もカバーできます。支払いや契約手続きをする必要がないので手間もかからず楽です。

マンスリーマンション法人向けプランを紹介

法人向けのプランを利用することで、お得にマンスリーマンションを借りることができます。各社の具体的なプランをまとめました。

法人会員登録で賃料が割引に

マンスリーマンションを運営している業者で法人登録すれば賃料が5%OFFになるプランを用意しているところもあります。

たとえば、30日契約で100,000円だった場合に5%OFFが適用されると95,000円に。差額は5,000円にもなり、利用期間が長いほどお得になるのです。少しでも社宅の経費を抑えたい企業におすすめのプランだといえます。

リピーター割引プランでお得に入居

一度利用したことがあれば、解約したとしても次回の契約時に割引価格で利用できるリピーター割引プラン。前回の契約を参考にするため、契約時の手続きの手間を最小限に抑えることもできます。

割引率はマンスリーマンションを取り扱う業者によってことなりますが、日割賃料から200円引きとなるところもあります。

室内クリーニング料金を割引

利用期間によって室内クリーニング料金を割引するプランを用意しているマンスリーマンション業者もあります。

クリーニング料金は物件によって変わりますが、たとえば14~30日未満であれば3,000円割引、181日以上であれば10,000円割引になるマンスリーマンションも。

室内クリーニングは住みはじめる前に行ないます。衛生面を考慮して、実施したほうが良いでしょう。部屋に住むことになる社員が気持ちよく過ごせる環境を作ることにも繋がります。

マンスリーマンションを提供している業者によって、これらのプラン内容は変わります。各社の公式サイトを確認してお得なキャンペーンを利用しましょう。

経費削減重視なら!コストを抑えたマンスリーマンションはこちら>>

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
社宅利用
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
長期滞在する来客向けにも活躍する短期賃貸マンション
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました
目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション
短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点
短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由
サイトマップ