引っ越し好きな方にも

引っ越し好きがネックになる入居費用

引越しの荷物をたくさん持つ男性

間取り図が好きな人もいれば、引っ越しが大好きな人もいます。間取り図であれば眺めているだけで満足できるから良いのですが、引っ越し好きの方の場合、引っ越しに関連する費用が都度発生してきます。

入居時費用の代表的なものと言えば、敷金・礼金・鍵交換費用が挙げられます。敷金礼金で言えば、家賃の何か月分かを支払う必要があり、加えて短い期間に契約破棄をすると、違約金のような費用が別途発生するケースもあります。

引っ越し好きの人にとってこれらの費用負担は、かなり大きくのしかかります。

東京23区内の家賃は安くありません。一回の引っ越しで数十万円負担するケースもあります。これでは、引っ越しが好きでも、気軽に引っ越しができないのが悩ましいところです。

そのような入居時初期費用負担を抑えることができるのが、マンスリーマンションになります。

いろいろな場所に移り住みたいならマンスリーマンションを使おう

マンスリーマンションのメリットは、初期費用の安さがあげられます。一般的な賃貸物件で発生する敷金礼金の類いは発生しませんし、家具家電の購入費用も抑えられます。

引っ越し好きの人であれば、短い期間で引っ越しを行うために、初期費用を抑えることができるマンスリーマンションの方が安くなるケースが多々あります。

加えて、家具家電付のマンスリーマンションであれば、引っ越しのために発生する家具家電の搬出搬入が最小限になるため、荷物の運搬コストを大きく抑えることができます。

引っ越しで自分の好奇心を満たそう

引っ越し好きの方は人生で10回以上している人もいるそうです。

常に環境を変えたいといった好奇心によるもので、仕事都合でも家庭環境の変化ではなく「したいから」という理由によるものです。そのような好奇心は、むやみに我慢する必要はなく、金銭的に問題なければ積極的に引っ越しすれば良いと思います。

そんな引っ越し好きの方にとって、少しでも費用負担を軽減させるためにも、マンスリーマンションを利用するメリットは非常に大きいと考えています。

このサイトでも、価格の安さなど条件ごとにおすすめのマンスリーマンション会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

引越好きさんの口コミ評判

ふきだし「引っ越しが趣味のようなもので、過去十回以上も住居を移しているツワモノです。この度マンスリーマンションを初めて利用したのですが、これほどラクに引っ越しできたのは生まれて初めてです。大きな家具の持ち運びもなし。持ち込んだのは衣装ケースが数個と身の回りの物を詰め込んだバッグのみ。そして小物が入った段ボールひとつ。もう病みつきになりそうです」

ふきだし「普段から好きなところに好きなだけ住むというライフスタイルを好んでいる私にとって、いちいち敷金礼金などが必要になる賃貸物件は邪魔な存在でした。止むなく2年契約を繰り返してきましたが、マンスリーマンションの存在を知って状況が一変。試しに気に入った土地に半年間ほどお世話になりましたが、家具や家電付で動きやすく、退出も早くてとても便利です」

引越し好きな人におすすめ!格安マンスリーマンションはこちら>>

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
浦安エリア
東京駅エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
サイトマップ