入院患者の付き添い・介護の際に

介護などの際にマンスリーマンションを活用

マンスリーマンションは、さまざまなシーンで利用することができますが、不幸にも長期間の入院を余儀なくされた患者のご家族が、時間や費用面で負担を少なくするための住居先として、便利に利用することができます。

こういった状況でビジネスホテルを利用すると、毎日5,000~10,000円の宿泊費がかかり、食事は外食に頼らざるを得なくなります。さらに身につける衣類の洗濯などにも費用がかさみ、心身ともに疲労が蓄積してしまいがちです。

マンスリーマンションの場合には、賃料はおよそホテルの半分。家電や家具などが利用可能なので自炊も簡単。部屋のなかに洗濯機が置いてある物件もあるので、手軽に洗濯することも可能です。何よりもホテルより広い空間でゆったりと自分の時間を確保することもできるので、看病に集中することができます。ご家族が退院した後も、簡単に退去することができるので、安心して利用することができるでしょう。設備について気になる点があれば、気軽にマンスリーマンションを運営している会社などに問い合わせてみるといいでしょう。

費用例

マンスリーマンションとビジネスホテルの費用相場を比較してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

■マンスリーマンション
1日ごとの費用:2,000~5,000円
1か月ごとの費用:60,000~150,000円
光熱費:700円/日
退去時の清掃費:20,000円ほど

■ビジネスホテル
1日ごとの費用:5,000~10,000円
1か月ごとの費用:150,000~300,000円
光熱費:なし
退去時の清掃費:なし

このようになります。マンスリーマンションがどれほど費用を抑えて住むことができるかがよくわかるのではないでしょうか。

急を要する場合でも大丈夫!即日入居可能なマンスリーマンションはこちら>>

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社