どれがお得?一般賃貸VS短期賃貸VSホテル比較

住まいとしての探し方!短期賃貸が一番お得

住まいを借りるときの選択肢で代表的な形式は一般賃貸、短期賃貸、ホテル、一軒家があります。

一軒家については、そもそも家族で住む前提になるため比較対象となりませんので、ここでは一人暮らし向けの一般賃貸、短期賃貸、ホテルの中で、どれが一番住まいに関する費用が安くなるのかを比較してみました。

費用は代表的な金額例を使って比較しています。

1日住まいとして利用する場合

  • 一般賃貸…借りられない
  • 短期賃貸(マンスリーマンション)…借りられない(但し1週間契約で1日のみ滞在することは可)
  • ビジネスホテル…1日1万円程度

1日滞在を住まいと定義してよいのか指摘を受けてしまいそうですが、そもそも一般賃貸は2年契約が大半なので、契約すること自体不可能です。1日滞在では、やはりビジネスホテルに分があるようです。

しかしながら、マンスリーマンションでも1日滞在は可能です。最低でも1週間単位からの契約をしなくてはいけませんが、滞在が1日のみでも問題は無く、1週間契約時の平均料金は3.5万円程度です。

「1日滞在の予定だけど、あと数日延びるかも‥」という場合なら、検討してみてもいいかもしれませんね。

 1週間住まいとして利用する場合

  • 一般賃貸…借りられない
  • 短期賃貸(マンスリーマンション)…1週間3.5万円(月額15万円として)
  • ビジネスホテル…1日7万円程度(1日1万円として)

この場合も、一般賃貸は契約不可能。マンスリーマンションがコスパ最良となりました。

日中は外出する人であれば、部屋の掃除なども入るビジネスホテルが良いと思いますが、日中も部屋にいる場合は、ホテルでは少々使い勝手が悪くなってきます。

 1ヶ月住まいとして利用する場合

  • 一般賃貸…借りられない
  • 短期賃貸(マンスリーマンション)…1ヶ月15万円程度
  • ビジネスホテル…1ヶ月30万円程度(1日1万円として)

1ヶ月単位となると、ホテルとマンスリーマンションの価格差が非常に大きくなります。

ホテルは1日単位(ホテルによっては長期プランあり)で料金が発生するため、契約上、長くなればなるほど高くなります。一方、マンスリーマンションやウィークリーマンションの場合は長中期向けの滞在を得意としているので、1ヶ月となるとホテルよりコストがだいぶ安くなるのです。

 1年間住まいとして利用する場合

  • 一般賃貸…約150万円(月額12万円として)
  • 短期賃貸(マンスリーマンション)…約180万円(月額15万円として)
  • ビジネスホテル…約360万円程度(1日1万円として)

1年間の契約で、家賃だけを見れば、一般賃貸の方がマンスリーマンションよりも安く済む場合があります。ただ、上記の料金は初期入居費用や家具家電の購入費用などは含まれておらず、一般賃貸ではこうした費用が必要ですが、家具家電付きのマンスリーマンションなら、初期費用や設備費がほとんどかかりません。

加えて、一般賃貸の場合は毎月水道光熱費や通信費も発生します。1年ぐらいのスパンで見た場合でも、マンスリーマンションの方が安くなるのです。

2年間住まいとして利用する場合

  • 一般賃貸…約290万円(月額12万円として)
  • 短期賃貸(マンスリーマンション)…約360万円(月額15万円として)
  • ビジネスホテル…約720万円程度(1日1万円として)

2年も過ごせば、一般賃貸が一番安くなります。ただし、これから引き続き同じ場所に住もうと思ったら、新たに更新料が必要になります。転居しても、退去に関する費用や新居の契約費用を考慮すると、マンスリーマンションの方が安くなる場合もあります。

家賃だけで見れば一般賃貸より割高に見えるマンスリーマンションですが、諸経費を加味していくと、かなりお得な居住形態だとわかってもらえたはずです。

マンスリーマンションのメリット・デメリット

1週間以上の滞在をする場合はマンスリーマンションがおすすめです。しかし、1週間以内や無期限での利用を考えている場合は、デメリットが発生する可能性も。そこでマンスリーマンションを利用する際のメリット・デメリットを調べてみました。滞在期間によって利用する物件を選ぶと、お得に部屋を借りることができますよ。

マンスリーマンションのメリット

敷金・礼金などが必要ない

マンスリーマンションを利用するうえで最大のメリットといっても過言ではないのは、敷金・礼金が不要なところ。一般的な賃貸と違って初期費用がかかりませんし、水道光熱費も家賃に含まれるので節約できます。

1日あたりの宿泊費が安い

マンスリーマンションは、長期的に契約することで1日あたりの宿泊料金を抑えることが可能。また同グレードのホテルよりも広い部屋を利用できます。

家具・家電が揃っている

生活に必要な設備が揃っているのが、マンスリーマンションの魅力。業者によっては洗剤やごみ袋を置いてくれている場合もあります。カバン1つで入居できるため、引っ越し準備で手間取りません。

入居審査が厳しくない

料金を一括で払うことができれば、ほとんどのマンスリーマンションに入居できます。一般的な賃貸物件のような、職業や収入などの審査を受ける必要がありません。面倒な手続きを省けますよ。

マンスリーマンションのデメリット

料金を一括で支払う必要がある

契約期間の料金を一括で支払う必要があるため、まとまったお金を用意しなければなりません。とはいえ、一回払ってしまえば滞在期間は賃料を気にしなくていいので、家賃の支払い日を気にせず暮らすことができます。

途中で解約しても料金は戻ってこない

最初で滞在予定日の料金を一括で払いますが、途中で解約しても払った分のお金が戻ってくることはありません。また途中で解約してしまうと違約金が発生することも。確実に住める期間がわかっている場合に利用することをおすすすめします。

部屋の内装をアレンジできない

マンスリーマンションの部屋に設置されている備え付けの家具や家電などを勝手に変えることはできません。自分で部屋のレイアウトをアレンジしたい人には不向きだと言えます。

入居前に内覧することがむずかしい

マンスリーマンションは期間で区切って入居するので、前日まで先客がいることがほとんど。そのため、事前に部屋の中を確認することがむずかしいといえます。「どうしても内覧したい」という人は、空いている部屋を探さなければなりません。

隣人の素性がわからない

料金さえ払ってしまえば入居できるマンスリーマンション。入居審査が緩いため、どういう人が入居しているかまったくわかりません。とはいえ、利用している人のほとんどは、転勤や単身赴任のサラリーマンなので、大きな問題が起こることは早々ないでしょう。

無期限の利用をする人には賃貸がおすすめ

2年以上住み続ける可能性が高い人には、一番安く利用できるため一般的な賃貸物件がおすすめとなります。家具・家電をそろえるなど初期費用はかかってくるものの、1日あたりの料金は圧倒的に安く済みます。

とはいえ、ほとんどの賃貸物件は2年ごとに更新が必要なため、契約更新の際に手数料がかかる場合があります。その点も考慮に入れて物件選びを考えなくてはなりません。

1週間未満の利用を考えている人にはホテルがおすすめ

1日あたりの宿泊費から見ると割高になりますが、1週間未満の滞在のケースではホテルを利用することをおすすめします。

そもそも一般的な賃貸物件やマンスリーマンションは、1日単位では利用できません。数日滞在するために、初期費用を払うのはムダになってしまいます。マンスリーマンションは1週間の料金を一括で払えば住むこと自体は可能ですが、期間内に退去しても払い戻しはありませんし、違約金が発生するとなると余計に費用がかかってしまいます。そのため、1週間未満の滞在期間の場合はホテルを利用したほうが無難です。

1週間以上で利用したい人にはマンスリーマンションがおすすめ

1週間以上で滞在期間が決まっている場合は、だんぜんマンスリーマンションがおすすめです。主に単身赴任や長期出張、長期旅行をしたい人が当てはまります。

マンスリーマンションなら初期費用も節約できますし、家具や家電などの生活に必要なものはすべて完備されています。カバン1つですぐに住むことができるのが最大の魅力です。また、マンスリーマンション業者の公式サイトから予約できるので、一般的な賃貸物件を契約するときのような手間はかかりません。気軽に長期滞在したい人にとってマンスリーマンションは、とても便利な選択肢だといえるでしょう。

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました
サイトマップ