単身赴任・長期出張

単身赴任時のマンスリーマンション活用法

空を見上げるビジネスマン

会社勤めの方にとって、単身赴任や長期出張をしなければならないケースが稀にあります。

滞在時期未定の転勤であれば、家族みんなで転勤先で新たな住まいを購入したり、賃貸で借りたりするのが選択肢として良いと思いますが、1年にも満たない短期的な転勤や長期出張の場合は、単身赴任を選ぶ方も多いでしょう。

しかし、既に住まいを持っている状態で新たな家具家電を購入し、敷金礼金といった初期費用をかけるのはしっかりと会社の補助が出ない限り、なかなかの負担になってしまいます。

そこで、家具家電付きのマンスリーマンションの出番です。パッと見の家賃は一般賃貸より割高に見えますが、初期費用や家具家電費用のことを加味すれば、はるかに割安で済む場合も多くあります。

どうしても単身赴任をしなければならない場面に直面した際には、マンスリーマンションを選択してみてはいかがでしょうか。

マンスリーマンションは単身赴任の強い味方

マンスリーマンションを選ぶ際の一番のメリットは、敷金、礼金などの初期費用がかからないところでしょう。さらに、ほとんどの部屋には家具・家電が備え付けられているので、その点でも費用が抑えられます。

短期的な滞在であれば、ビジネスホテルやウィークリーマンションの方が費用を抑えることができますが、単身赴任や長期出張などの場合は、マンスリーマンションの方が最終的な費用は安く抑えられます。

受けられるサービスに関しては、マンスリーマンションもウィークリーマンションもほぼ同じと言えます。さすがにホテルのようなサービスは難しいですが、最近では設備が充実しているマンスリーマンションも増えているので、快適な空間で単身赴任・長期出張を過ごすことができます。

分割払いや期間延長対応、法人契約など、ビジネスマンに最適なマンスリーマンション会社もありますので、単身赴任や長期出張を控えている方はぜひ参考にしてください。

単身赴任時に最適!長期滞在可能なマンスリーマンションはこちら>>

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社