単身赴任・長期出張

単身赴任時のマンスリーマンション活用法

空を見上げるビジネスマン

会社勤めの方にとって、単身赴任や長期出張をしなければならないケースが稀にあります。

滞在時期未定の転勤であれば、家族みんなで転勤先で新たな住まいを購入したり、賃貸で借りたりするのが選択肢として良いと思いますが、1年にも満たない短期的な転勤や長期出張の場合は、単身赴任を選ぶ方も多いでしょう。

しかし、既に住まいを持っている状態で新たな家具家電を購入し、敷金礼金といった初期費用をかけるのはしっかりと会社の補助が出ない限り、なかなかの負担になってしまいます。

そこで、家具家電付きのマンスリーマンションの出番です。パッと見の家賃は一般賃貸より割高に見えますが、初期費用や家具家電費用のことを加味すれば、はるかに割安で済む場合も多くあります。

どうしても単身赴任をしなければならない場面に直面した際には、マンスリーマンションを選択してみてはいかがでしょうか。

単身赴任時のマンスリーマンション活用事例

長期に渡る単身赴任。ここでは、マンスリーマンション、ビジネスホテル、一般的な賃貸マンションの費用の総額などを比較していきます。

■マンスリーマンション(6か月の場合)
月額賃貸料:16万円×6か月=96万円
光熱費:0円
一時金など:3万円/初回のみ
火災保険:0円
家具家電など:0円
-----------------------------------------------------
合計:99万円

■ビジネスホテル(6か月の場合)
月額賃貸料:7,000円/1日×6か月(1か月あたり30日で計算)=126万円
光熱費:6千円/月×6か月=3万6千円
一時金など:0円
火災保険:0円
家具家電など:0円
-----------------------------------------------------
合計:129万6千円

■賃貸マンション(6か月の場合)
月額賃貸料:10万円×6か月=60万円
光熱費:2万円×6か月=12万円
一時金など(敷金と礼金が1か月ずつと考えて算出):20万円
火災保険(2年分):2万円
家具家電など(初月のみ):20万円
-----------------------------------------------------
合計:114万円

以上の三つを比較してみてはわかったのは、やはり家具家電や光熱費などにかかる経費が非常に高額になりがちということ。マンスリーマンションであれば、このポイントを安く抑えることができ、しかも食事なども自炊や洗濯なども自分で行うことが可能なので、さらに低価格に利用することができます。

マンスリーマンションは単身赴任の強い味方

マンスリーマンションを選ぶ際の一番のメリットは、敷金、礼金などの初期費用がかからないところでしょう。さらに、ほとんどの部屋には家具・家電が備え付けられているので、その点でも費用が抑えられます。

短期的な滞在であれば、ビジネスホテルやウィークリーマンションの方が費用を抑えることができますが、単身赴任や長期出張などの場合は、マンスリーマンションの方が最終的な費用は安く抑えられます。

受けられるサービスに関しては、マンスリーマンションもウィークリーマンションもほぼ同じと言えます。さすがにホテルのようなサービスは難しいですが、最近では設備が充実しているマンスリーマンションも増えているので、快適な空間で単身赴任・長期出張を過ごすことができます。

分割払いや期間延長対応、法人契約など、ビジネスマンに最適なマンスリーマンション会社もありますので、単身赴任や長期出張を控えている方はぜひ参考にしてください。

単身赴任時に最適!長期滞在可能なマンスリーマンションはこちら>>

単身赴任・出張時にマンスリーマンションを利用した人の体験談

ふきだし「東京に3か月に渡って単身赴任をするように命令されました。初めてのことなので何もわからず、当初は「ビジネスホテルで生活することになるのだろうか?」と思っていたところ、経費が掛かりすぎるこということでマンスリーマンションを利用することに。借りたマンションは家電製品や家具、電子レンジ、テレビなど概ね生活に必要なものはすべてそろえられていて大変びっくりしました。狭いホテルで生活をするよりも、快適な単身赴任ライフを送ることができました」

ふきだし「単身赴任を1年間するようにという密命を受けて引き受けることに。当初は物件が決まるまでマンスリーマンションを借りて、後日に妻から荷物を送ってもらうという段取りでしたが、マンスリーマンションの設備が非常に充実しており『送ってもらう必要がないのでは?』と思うようになりました。さらに初期費用なども考えてこのままマンスリーマンションを利用することにしました」

【コラム】マンスリーマンションでの単身赴任時に準備するべきもの

会社によって違ってきますが、単身赴任は比較的長い年数にわたってしまうもの。生活に必要なものがすべてそろっているマンスリーマンションですが、どうしても自分で準備しておかなければならない日用品が必要になってきます。

まず必ず必要になるのが、ごみ袋、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、洗濯洗剤、柔軟剤、歯ブラシ、歯磨き粉、髭剃り、カミソリ、シャンプー、リンス、ボディソープといったもの。さらに細かいところだとタオル、爪切り、耳かき、ハンガー、延長コード、マグカップ、お湯が沸かせる鍋、両未了など。日ごろ何気なく使っているものでも、これらの生活雑貨品がないとたちどころに不便になってしまいます。しっかりとそろえておきましょう。

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
浦安エリア
東京駅エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
サイトマップ