一時帰国時の住まい、どうしていますか?

一時帰国時の住まい、どうしていますか?

海外で働いている方や留学中で東京に一時帰国する方、海外からの帰国が決まり、正式な住居を決めるまでの一時的な住まいが必要だけれど事情があって実家には戻れないなど、さまざまなケースで短期で借りられる部屋探しをされている方が多いでしょう。

いずれの場合も、1年に満たない短期的な期間、場合によっては、1週間程度から利用できる住まいが必要となることが多いです。賃貸では1年未満の短期では、割高になるだけではなく初期費用がかさみますし、契約ができない場合も考えられます。比較的初期費用抑えられるシェアハウスなども、頭金が必要になる場合が多く最短でも1ヶ月からしか契約ができない場合が多いです。

一時帰国時のマンスリーマンション活用事例

一時帰国の際の住まい。ここでは、マンスリーマンション、ビジネスホテルの費用の総額などを比較していきます。

■マンスリーマンション(1週間の場合)
週間賃貸料:3,600円/1日×7日=25,200円
光熱費:700円/1日 ×7日=4,900円
管理費:500円/1日×7日=3,500円
清掃代:10,000円
火災保険:0円
家具家電など:0円
-----------------------------------------------------
合計:43,600 円

■マンスリーマンション(1ヶ月の場合)
月額賃貸料:3,600円/×1ヶ月(1ヶ月あたり30日で計算)=108,000円
光熱費:700円/1日 ×1ヶ月(1ヶ月あたり30日で計算)=21,000円
管理費:500円/1日×1ヶ月(1ヶ月あたり30日で計算)=15,000円
清掃代:10,000円
火災保険:0円
家具家電など:0円
-----------------------------------------------------
合計:154,000円

■ビジネスホテル(1週間の場合)
月額賃貸料:9,000円/1日×7日=63,000円
一時金など:0円
火災保険:0円
家具家電など:0円
-----------------------------------------------------
合計:63,000円

■ビジネスホテル(1ヶ月の場合)
月額賃貸料:9,000円/1日×1ヶ月(1ヶ月あたり30日で計算)=270,000円
一時金など:0円
火災保険:0円
家具家電など:0円
-----------------------------------------------------
合計:270,000円

以上を比較してみてはわかったのは、長期になるほど経費が高額になりがちということ。マンスリーマンションであれば、食事なども自炊が可能なので、ずっと外食になるビジネスホテルよりも低価格で済ませられます。洗濯も部屋で済ませることが可能なので、クリーニング代の出費もありません。暮らしやすさという点でもおすすめです。

マンスリーマンションは一時帰国の強い味方

一時帰国での利用をおすすめなのは、家具家電付きのマンスリーマンションです。家賃だけを見ると割高にも見えるマンスリーマンションですが、ホテルを借りるよりも割安です。多くのマンスリーマンションでは、最短1週間から借りられるプランを設定しており、短期での契約が負担なく行えます。駅チカなど便利な場所にあることが多いため、一時帰国時の際に済ませたい役所の手続きや必要な買い物などにも便利で、契約もネットやメールで事前に済ませておけるのも安心できるポイントです。

家具家電付きのマンスリーマンションなら、備品が充実しているので、帰国当日からすぐに生活を始めることができますし、設備が新しく快適なのもおすすめポイントです。ほかに、キッチンで日本の食材を使って料理を楽しんだり、自宅のようにくつろいだりということも可能です。賃貸のように敷金・礼金、保証人が必要がないのも利用しやすい利点のひとつです。

一時帰国時にマンスリーマンションを利用した人の体験談

ふきだし海外留学からの一時帰国の際、事情があり実家には滞在せずにマンスリーマンションに1週間滞在しました。ワンルームの1人用のマンションであれば、比較的格安な部屋も多いことが決め手になりました。ビジネスホテルでは、清掃の時間に退去が必要だったりして落ち着かないことがありますが、マンスリーマンションは、自分の部屋のようにリラックスして暮らせるのが良かったです。

ふきだし海外からの一時帰国で、マンスリーマンションを利用しました。業者の方とは、メールでのやりとりのみで契約し、支払いはカードで済ませられたので、海外にいながら部屋を決められたので安心でした。部屋は手入れが行き届いていて清潔で、次回もマンスリーマンションを利用する予定です。期間限定の割引サービスなどもあるようで、タイミングが合えばお手頃に借りられるのもいいですね。

【コラム】一時帰国時のマンスリーマンション利用で用意するもの

ベッドやテレビ、ゴミ箱・冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・ドライヤーなど、生活に必要な家電製品が一通りそろっているマンスリーマンション。最近では、ネット環境はもちろん洗濯乾燥機を備えた部屋もあり、海外から到着したその日からすぐに生活を始められるのがいいですよね。

マンスリーマンションを利用する場合に見落としがちなのが、シャンプー・リンス・石鹸、トイレットペーパー・洗濯用洗剤などの消耗品、タオルなどの有無です。細かな部分ですが、どれもなくては困るものばかりなので、あらかじめ用意しておくと安心です。

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
ペット可の物件なら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
社宅利用
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
長期滞在する来客向けにも活躍する短期賃貸マンション
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました
目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション
短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点
短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由
サイトマップ