マンスリーマンション完全ガイド東京編TOP » どんな借り方もOK!家具家電付き賃貸の100%活用術

どんな借り方もOK!家具家電付き賃貸の100%活用術

家具家電付の賃貸物件は活用シーンがたくさん

突然の長期出張、ホテルを確保しにくい人気イベント、一人暮らしの練習と家具家電付きの賃貸物件は活用できるシチュエーションが多くあります。このような状況になっても、住まいとしてマンスリーマンションを利用できると覚えておけば、役に立つこと間違いなしです。

単身赴任・長期出張

既に持ち家があり、生活基盤が出来ている状況で転勤をする場合、家族みんなで引っ越すのは大きな決断になります。そこで、単身赴任が選択肢としてあがりますが、転勤先で改めて家具家電を用意するのはかなりの経済負担になります。そこで、家具家電付きのマンスリーマンションの出番です。転勤期間が1~2年であれば、ほとんどの場合マンスリーマンションの方がコストが抑えられます。

単身赴任・長期出張時の利用方法について詳しく>>

研修・プロジェクト

会社員は研修がつきものです。大きな会社であれば専用の研修施設を持っていたりしますが、かなり限定的でしょう。研修期間は緊張の連続です。さらに新人研修となれば、右も左もわからない状況で缶詰状態となるため、どこかで気を抜ける時間を作る必要があるでしょう。マンスリーマンションであれば自宅のような環境を作ることができ、会社の寮のような活用も可能です。

研修・プロジェクト時の利用方法について詳しく>>

受験・就活

受験や就活シーズンを迎える学生にとって、東京への移動は時間とコストが大きくのしかかります。また、1~2日で終われば良いのですが、組まれた日程によっては1~2か月間、東京に滞在する必要があります。東京の友人知人の家に住み込むという考えの人も少なからずいると思いますが、その選択はあまり好ましくありません。住み込み先の知人に迷惑がかかるのはもちろん、何より勉強や対策などを集中してするにあたっては、やはり専用の個室の方が良いからです。これらのシチュエーションも、マンスリーマンションであれば気兼ねなく利用することができ、さらに都心にアクセスが良い立地に拠点を構えることもできるでしょう。

受験・就活時の利用方法について詳しく>>

学生の住まいとして

在学中、同じ学部であるにも関わらず、通学するキャンパスが低学年・高学年で変わる大学があります。このように、あらかじめ期間が決まっている場合は、マンスリーマンションが活用できます。2年ぐらいで引っ越す前提であれば、初期費用や家具家電のことを考慮すると、実はマンスリーマンションの方がコストが抑えられます。もちろん一般賃貸の家賃によっては、一般賃貸の方が安くなるケースもありますが、搬入・搬出コストなども考慮すると、一般賃貸は思いのほか高くつくものです。

学生の住まいの利用方法について詳しく>>

建て替え・リフォーム中の仮住まい

一軒家の建て替えやリフォームを行なう際、仮住まいが必要となります。一般的には1~6か月の間、仮住まいを用意しなければならず、ホテル住まいや一般賃貸物件を借りるにしても中途半端な期間と言えます。マンスリーマンションであれば月極めでの更新となるため、1~6か月は最も有効的に活用できる期間と言えます。持ち家の家具家電はトランクルームなどに収納しておくとして、マンスリーマンション利用は良い選択と考えています。

建て替え・リフォーム中の利用方法について詳しく>>

フェス・イベント参加

例えば、コミケのような数十万人を動員するイベントの場合、近隣ホテルは満室になります。おそらく、ゴールデンウィークのハイシーズン以上に予約を取りづらいため、代替え手段を検討する必要があります。お土産やイベントで購入した物を持ち込むとなると、カプセルホテルやインターネットカフェは手狭になる可能性があります。短期的に1部屋借りることで、この問題がきっと解決できるでしょう。

フェス・イベント参加時の利用方法について詳しく>>

引っ越し好き

環境の変化を好んだり、引っ越すことが好きという方にとって、一般賃貸の初期入居費用と搬入搬出費用は大きな負担となります。家具家電付きのマンスリーマンションであれば、これらの費用を抑え引っ越しすることが可能です。物をあまり持たない現代のトレンドにピッタリな暮らし方を、マンスリーマンションで実現してみてはいかがでしょうか。

引っ越し好きの利用方法について詳しく>>

プレ一人暮らし

一人暮らしを始めるには、通勤通学先の変化、家族環境の変化がなければ機会が生まれません。社会人から一人暮らしを始めたり、結婚をして初めて実家を出るのは、少々リスクがあります。極力若いうちに一人暮らしを経験しておいた方が、思ったよりも大変だということに気づくことができます。マンスリーマンションで一人暮らしをあらかじめ経験することで、良い練習になります。

プレ一人暮らしの利用方法について詳しく>>

どれがお得?一般賃貸VS短期賃貸VSホテル

住まいのタイプは、それぞれ得意な期間を持っています。1日だけであれば断然ホテルが安くなりますし10年住むのであれば、一般賃貸の方が安くなるでしょう。しかし、賃貸を必要とする大多数の人のニーズに対して、実はマンスリーマンション(短期賃貸)が広範囲でカバーできるのをご存知でしょうか?このページでは、期間別に各賃貸形式ごとのコスト比較をしてみました。

期間ごとの費用を比較した結果はこちら>>

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社