東京の格安マンスリーマンション比較 » どんな借り方もOK!家具家電付き賃貸の100%活用術

どんな借り方もOK!家具家電付き賃貸の100%活用術

家具家電付の賃貸物件は活用シーンがたくさん

突然の長期出張、ホテルを確保しにくい人気イベント、一人暮らしの練習と家具家電付きの賃貸物件は活用できるシチュエーションが多くあります。このような状況になっても、住まいとしてマンスリーマンションを利用できると覚えておけば、役に立つこと間違いなしです。

単身赴任・長期出張

既に持ち家があり、生活基盤が出来ている状況で転勤をする場合、家族みんなで引っ越すのは大きな決断になります。そこで、単身赴任が選択肢としてあがりますが、転勤先で改めて家具家電を用意するのはかなりの経済負担になります。そこで、家具家電付きのマンスリーマンションの出番です。転勤期間が1~2年であれば、ほとんどの場合マンスリーマンションの方がコストが抑えられます。

単身赴任・長期出張時の利用方法について詳しく>>

研修・プロジェクト

会社員は研修がつきものです。大きな会社であれば専用の研修施設を持っていたりしますが、かなり限定的でしょう。研修期間は緊張の連続です。さらに新人研修となれば、右も左もわからない状況で缶詰状態となるため、どこかで気を抜ける時間を作る必要があるでしょう。マンスリーマンションであれば自宅のような環境を作ることができ、会社の寮のような活用も可能です。

研修・プロジェクト時の利用方法について詳しく>>

受験

学生にとって、これからの自分の運命を決定する一大イベントである受験。地方からの受験生にとっては、移動と宿泊先を探す時間やコストが大きな負担となってきます。そこでおすすめなのがマンスリーマンション。1ヶ月間の滞在も可能。もっと試験勉強に集中したいと考えている学生も、誰に気兼ねすることなく安心して利用することが可能です。

受験時の利用方法について詳しく>>

就活

受験と並んで正念場である就職活動。東京は、地方からやってくる人たちも数多くいるため、シーズン中は宿が取れないことも珍しくありません。また、慣れない東京にストレスを感じて面接で思わぬ失敗をしてしまった、ということもあるようです。マンスリーマンションであれば、都内の主要駅にアクセスが良い物件が多く、1ヶ月以上の期間の生活もでき、費用を安く抑えることができます。

就活時の利用方法について詳しく>>

お試し同棲

これからずっと生活を共にしていくと決意していても、「このまま一緒になって大丈夫?」「生活スタイルが合うかしら?」といった不安が付きまとってしまう人におすすめなのがマンスリーマンションを利用したお試し同棲です。敷金礼金が不要、家電家具なども付いているので、余裕をもってふたりの生活のことを考えることができるでしょう。

お試し同棲時の利用方法について詳しく>>

介護や入院患者の付き添いに

病気やケガは何の予告もなく突然やってくるもの。大切な人が不幸にも長期間入院することになり、自分が看病をする必要があるときに便利なのがマンスリーマンションです。主要駅にアクセス抜群の立地なので、通院に便利で長期間の滞在も可能、ホテルよりも安く費用を抑えることができ、自炊などもできるのでいつもと変わらない生活を送りながら看病をすることかできます。

介護や入院患者の付き添いに時の利用方法について詳しく>>

学生の住まいとして

在学中、同じ学部であるにも関わらず、通学するキャンパスが低学年・高学年で変わる大学があります。このように、あらかじめ期間が決まっている場合は、マンスリーマンションが活用できます。2年ぐらいで引っ越す前提であれば、初期費用や家具家電のことを考慮すると、実はマンスリーマンションの方がコストが抑えられます。もちろん一般賃貸の家賃によっては、一般賃貸の方が安くなるケースもありますが、搬入・搬出コストなども考慮すると、一般賃貸は思いのほか高くつくものです。

学生の住まいの利用方法について詳しく>>

建て替え・リフォーム中の仮住まい

一軒家の建て替えやリフォームを行なう際、仮住まいが必要となります。一般的には1~6ヶ月の間、仮住まいを用意しなければならず、ホテル住まいや一般賃貸物件を借りるにしても中途半端な期間と言えます。マンスリーマンションであれば月極めでの更新となるため、1~6ヶ月は最も有効的に活用できる期間と言えます。持ち家の家具家電はトランクルームなどに収納しておくとして、マンスリーマンション利用は良い選択と考えています。

建て替え・リフォーム中の利用方法について詳しく>>

フェス・イベント参加

例えば、コミケのような数十万人を動員するイベントの場合、近隣ホテルは満室になります。おそらく、ゴールデンウィークのハイシーズン以上に予約を取りづらいため、代替え手段を検討する必要があります。お土産やイベントで購入した物を持ち込むとなると、カプセルホテルやインターネットカフェは手狭になる可能性があります。短期的に1部屋借りることで、この問題がきっと解決できるでしょう。

フェス・イベント参加時の利用方法について詳しく>>

引っ越し好き

環境の変化を好んだり、引っ越すことが好きという方にとって、一般賃貸の初期入居費用と搬入搬出費用は大きな負担となります。家具家電付きのマンスリーマンションであれば、これらの費用を抑え引っ越しすることが可能です。物をあまり持たない現代のトレンドにピッタリな暮らし方を、マンスリーマンションで実現してみてはいかがでしょうか。

引っ越し好きの利用方法について詳しく>>

プレ一人暮らし

一人暮らしを始めるには、通勤通学先の変化、家族環境の変化がなければ機会が生まれません。社会人から一人暮らしを始めたり、結婚をして初めて実家を出るのは、少々リスクがあります。極力若いうちに一人暮らしを経験しておいた方が、思ったよりも大変だということに気づくことができます。マンスリーマンションで一人暮らしをあらかじめ経験することで、良い練習になります。

プレ一人暮らしの利用方法について詳しく>>

2人で利用

マンスリーマンション=1人暮らしと思われがちですが、実は2人で利用することも可能です。2人暮らし用の物件を用意している業者は多数存在しており、最近ではカップルや家族での利用に加えて友達同士でルームシェアする人も増えてきました。家具や家電をそろえる必要はありませんし、別々に暮らすことになっても手軽に退去できるのがマンスリーマンションを選ぶメリット。

しかし2人で利用する際の家賃・水道費・光熱費が気になるところですよね。ここでは業者ごとに、マンスリーマンションを2人で利用する際のルールや料金システムについて解説。また2人で利用した人の口コミや評判も紹介しています。

2人での利用方法について詳しく>>

別居時・お試し別居

夫婦が別居する時に困るのが、住む場所。実家までの距離が遠かったり、親や友達に頼るのは気まずさを感じたりする人が多いと聞きます。そのような別居の問題をすぐに解決してくれるのがマンスリーマンション。即日で入居でき、1日から利用できる業者もあるので急に一時的な別居をすることになっても、その日のうちに暮らしの場を確保できます。

「お試し別居」とは最近増えている別居スタイルで、本格的に別居するのではなくあくまでも自宅に拠点は置きながら、一時的に夫婦のどちらかが家を出て暮らすというものです。「お試し別居」の詳しい解説やマンスリーマンションを利用するメリット、別居時にマンスリーマンションを利用した人の体験談も紹介しています。

別居・お試し別居時の利用方法について詳しく>>

趣味のための活用

マンスリーマンションは泊まるだけの場所ではありません。中には趣味の部屋として活用する人もいます。自宅だと家族がいてゆっくり趣味に没頭できないなんて人にもおすすめです。特に休日や空いた時間、誰にも邪魔されず自分だけの空間で趣味を楽しめるのはストレス解消にもなります。ここでは、さまざまなマンスリーマンションの活用例を提案していますので、ぜひ自分の趣味をより楽しむための参考にしてください。

趣味の利用方法について詳しく>>

旅行時

マンスリーマンションは出張や単身赴任だけでなく、旅行時に利用することもできます。近年外国人の旅行者が増加している影響で、国内旅行ではホテルが取りにくい状況があるようです。そこでマンスリーマンションをホテル代わりに利用する人も増えてきました。そこで気になるのが費用。「ホテルやビジネスホテルなどと比べて高いのでは?」と思ってしまいますよね。しかし、旅行の期間によってはマンスリーマンションのほうがお得に済む場合も。宿泊場所の費用を抑えて、食事や買い物により多くのお金を使って旅行を満喫できます。ここでは、旅行の期間別にマンスリーマンションとホテルのどちらがお得か調査してみました。また、旅行でマンスリーマンションを利用した人の口コミや体験談も掲載しています。

旅行時の利用方法について詳しく>>

社宅利用

マンスリーマンションは企業の社宅としての選択肢としても重宝されています。その理由は経費と手間の削減。一般的な賃貸住宅とは違い、マンスリーマンションを選べば敷金・礼金など初期費用を削減できることは大きなメリットとなります。必要に応じて滞在日数を調節しやすいことも魅力です。また、1つのマンスリーマンション内にてまとめて複数人分の部屋を確保出来たり来店不要の手続きで契約の手間を省けたりと、さまざまな労力、費用を削減できるのです。

社宅利用について詳しく>>

どれがお得?一般賃貸VS短期賃貸VSホテル

住まいのタイプは、それぞれ得意な期間を持っています。1日だけであれば断然ホテルが安くなりますし10年住むのであれば、一般賃貸の方が安くなるでしょう。しかし、賃貸を必要とする大多数の人のニーズに対して、実はマンスリーマンション(短期賃貸)が広範囲でカバーできるのをご存知でしょうか?このページでは、期間別に各賃貸形式ごとのコスト比較をしてみました。

期間ごとの費用を比較した結果はこちら>>

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました
サイトマップ