【コラム1】エリア選びで賢く借りよう

条件を絞り込み過ぎない

マンスリーマンションを借りる際、目的や行動範囲で探すことになりますが、最初から色々と条件を絞り込み過ぎると、ピンポイント過ぎて逆に見つかりにくい状況に。

例えば、都心部の勤務先に通うため、勤務先付近で探そうとします。しかし東京都心部は、地方都市とは比べものにならないくらい家賃が高いです。その結果、予算内に収まるマンスリーマンションをなかなか見つけることができず、いたずらに時間だけが過ぎてしまいます。

法人契約で家賃を気にしないのであれば、都心部から探すのも良いかもしれませんが、そのような高待遇の人はなかなかいないでしょう。都心部から探すのはあまり得策ではないので注意が必要です。

勤務先のエリアと駅の関係性をチェック

東京にはたくさんの路線・駅があるので、都内在住の人でも、新しいエリアの居住地を決めるのは難しいもの。

そんな場合は、勤務先や通学する学校の場所や希望条件を、マンスリーマンション会社の担当者に伝えて探してもらい、提案してもらうのが楽ですし確実性が高いでしょう。

東京23区であれば、希望する駅以外にも、勤務先や通学先に通いやすい駅はいくらでもあります。例えば、麹町に通勤する人であれば、すぐ近くの六本木エリアや池袋エリアが真っ先に思いつきますが、新宿エリアや渋谷エリアからでも通いやすいと言えます。

住所が麹町でも、実は半蔵門、四谷、市ヶ谷に近い場合もあります。半蔵門であれば渋谷エリアの方が通いやすいですし、四谷や市ヶ谷であれば新宿エリアから電車一本で通えます。実はこういったところは東京に住んでいる人でも気づきにくく、日常的にそのエリアにいないとわからないことだったりします。そういった意味もあり、マンスリーマンションの担当者に探してもらった方が効率よく見つけることができるでしょう。

東京都内の交通機関と住所の関係性は、複雑に入り組んでいます。土地勘に明るくない人は最寄り駅でないと不便と思い込みがちですので、プロであるマンスリーマンション担当者に任せた方が結果的に得になることが多くあります。マンスリーマンション探しのコツとして覚えておきましょう。

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社