東京の格安マンスリーマンション比較 » はじめての短期賃貸マンション講座 » 短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由

短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由

1週間や1ヶ月など短期間自宅を離れて滞在する必要がある場合、マンスリーマンションがおすすめです。ですが、短期間の滞在のためにわざわざマンションを借りるというメリットは分かりにくいという意見もあります。そこで、マンスリーマンションのメリットを、民泊やシェアハウスなといった人気の宿泊方法と比較しながら解説していきます。慣れない土地だからこそ快適に過ごすためにはどうすればよいのか、その方法を一緒に考えてみましょう。

短期間の住まいの選択肢

出張や長期間の旅行などで必要になる仮の住まい。今まではホテルなどの宿泊施設しかありませんでしたが、現在では多くの選択肢が存在しています。そこで、短期間の住まいにはどのような施設が活用できるのか見ていきましょう。

シェアハウス

近年メディアなどで取り上げられることが多いシェアハウス。複数人で1つの家で生活するのがシェアハウスの特徴ですが、実は場所によって1ヶ月などの短い期間から契約が可能なところもあります。こうした契約状況から、シェアハウスも短期間の住まいの選択肢に含まれます。

シェアハウスの仕組みは、入居者それぞれの個室が用意されており、リビングやダイニング、キッチンなどは他の入居者と共有します。そのため、料理などを他の入居者と一緒に行ったり、掃除や買い出しなどは当番制になっていたりと、独自のルールが決められている場合もあります。

また、シェアハウスには入居条件などが設定されていることがあり、女性や就活生、旅行者のみなど同じ目的を持つ人が集まる場合もあります。そのため、全く知らない人と一緒に暮らすことに不安を感じることもありますが、必ず人と関わらなければいけないため、寂しさを感じることなく生活が可能です。

民泊

報道などにより、どうしても悪いイメージがつきまとってしまう民泊も、短期住まいには非常にありがたい施設です。民泊とは、個人の自宅をホテルのように借りて生活を行う方法です。外国人観光客が利用しているイメージが強いですが、専用施設ではありませんので、日本人でも問題なく利用できます。

民泊を行っているのは、別居などで部屋を持て余している一軒家などが多く、中には所有しているマンションを活用していることもあり、最先端の宿泊形態といえるでしょう。ただ、民泊はホテルや宿泊施設ではありません。

部屋を提供しているオーナーが居ても、原則自分のことは自分で行わなければいけませんので、しっかりと施設ごとのルールを守って生活しましょう。また、使用料金に基準がなくオーナーが自由に決められるため、事前の下調べを十分に行って金銭トラブルが起きないように注意しましょう。

下宿

シェアハウスと民泊の中間に位置するのが下宿です。大まかな形式はシェアハウスと似ており、個人個人の部屋がきちんと与えられ、キッチンやバスルームなどは他の入居者と共有します。さらに、民泊のようにオーナーが一緒に生活していますので、掃除や食事の提供などのサービスが付随しているところもあります。

そのため、家事などの負担を大きく削減して生活できる点が下宿のメリットといえるでしょう。ただし、下宿の場合は利用者全員へ一律のサービスを提供します。そのため、門限や注意事項など細かな規則が設けられていることも多く、そうした点では窮屈に感じるかもしれません。

また、下宿というと古びた建物で行うというイメージが強いですが、現在の下宿場所はきれいに整備されたところが増えています。内装だけでなく、外観や中庭など快適に生活できるようにきちんと配慮されているので、生活の面で不便さを感じることは少ないでしょう。

プライバシーの問題点がネックに

短期間の住まいの選択肢になり得る施設をいくつか紹介してきましたが、全てに共通する問題がプライバシーです。シェアハウスも民泊も下宿も、基本的に複数人で同じ自宅の中で生活していますので、自室以外で1人になることができません。

また、自室があっても隣の部屋の音が聞こえてしまうこともあり、完全にプライバシーが保護されるというのは難しく、これがストレスになって居心地が悪くなってしまう人も多いです。そこで、おすすめなのがマンスリーマンションです。

マンスリーマンションは、契約期間が1ヶ月単位など短期での契約が可能なマンションのことで、それ以外は通常のマンションと変わりません。当然、プライバシーが侵害されることも共有部分もありませんので、気兼ねなく自由に生活ができます。

マンスリーマンションが優れているポイント

プライバシーをしっかりと守りながら気兼ねなく生活ができるマンスリーマンション。短期間の住まいとして最適な場所ですので、プライバシー以外にも優れているポイントを知って住まい選びの参考にしてください。

家具や家電が揃っている

短期間であっても不自由なく生活するためには、最低限の家具や家電が必要です。しかし、全てを用意するには費用がかかります。なにより自宅に戻った場合に不要になり、捨てしまうことも多いです。そこで、マンスリーマンションでは、ある程度の家具や家電が揃っています。

マンスリーマンションはもともと短期間の住まいとして想定されているところです。生活に必要な家具や家電を用意して手軽に利用してもらうために、サービスの一環として用意されているのです。そのため、着替えさえ用意できれば簡単に引っ越しが終えられることが大きなメリットになっています。

また、用意された家電に不具合があれば、交換や修理などの対応をしてもらえるため、故障しても途中で購入する必要はありません。さらに、近年ではWi-Fiやインターネットが開通しているところも増えているため、生活の中で不便を感じることはないでしょう。

敷金や礼金が必要ない

マンションの契約を行う際に気になるのが敷金や礼金です。この費用がネックとなり、マンスリーマンションを避けてしまう人が居ますが、実はほんとどのところで資金や礼金は不要です。そのため、ほぼ契約のみでマンションを使用できるようになります。

ただし、マンスリーマンションでは光熱費などを入居前に一括で支払うことがあります。入居前の支払いとなるため負担は大きいのですが、今後徴収されることがなくなりますので、きちんと準備しておきましょう。

また、敷金や礼金が必要ないということは、他のマンスリーマンションへの引っ越しも手軽にできことも意味しています。例えば、他の住居者とのトラブルや勤務先の変更など、生活してから転居を考えることもあります。

通常のマンションでは我慢して生活し続けなければいけませんが、マンスリーマンションは短期契約であり、かつ敷金や礼金が必要ありませんので我慢を続ける必要はありません。そのため、その時々に合わせて生活の拠点を変更しやすいことも、マンスリーマンションのメリットといえるでしょう。

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
社宅利用
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
長期滞在する来客向けにも活躍する短期賃貸マンション
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました
目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション
短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点
短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由
サイトマップ