東京の格安マンスリーマンション比較 » はじめての短期賃貸マンション講座 » マンスリーマンションに消費税がかかるケースもある?

マンスリーマンションに消費税がかかるケースもある?

このページでは、マンスリーマンションに消費税がかかるケースについて紹介していきます。マンスリーマンションは消費税の適用が微妙なラインにあるので、ここで条件を確認しておくと、後々のトラブル防止につながるでしょう。

原則、マンスリーマンションに消費税はかからない

一般的に、マンスリーマンションは生活の拠点、すなわち「住居」と認められており、消費税法では「住宅の貸し付けは非課税」となっていることから、消費税がかからないとされています。

ただし、消費税法では「貸付期間が一月未満」「旅館業法第2条第1項に規定する旅館業に係る施設の貸付け」に該当する場合、住宅の貸付けとは見なされず、課税対象となります。マンスリーマンションは、貸し付け期間によって消費税がかかるかどうかの判断が分かれてくる、微妙なラインにある物件と言えるでしょう。

なお、ウィークリーマンションは週単位での賃貸契約となることから、「貸付期間が一月未満」という要項に該当するため、住居ではなく「旅館業に係る施設の貸付け」とみなされることから、消費税が発生します。

「マンスリーマンション」「ウィークリーマンション」といっても、さまざまな管理体制や経営形態があり、一概に課税、非課税を判断しにくいところもあります。また、マンスリーマンションであっても、契約の内容次第では課税対象になるケースもあります。

次項では、そうしたケースについて紹介していきます。

マンスリーマンションが消費税の課税対象になるケースとは

マンスリーマンションが課税対象となるかどうかは、利用目的や形態によって変わります。具体的には、「一時使用」「住宅の貸付」のいずれに該当するかがポイント。これを事前に把握し、明確化しておくことで、課税に関しては分かりやすく判断できます。以下、詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目的が「一次使用」か「住宅の貸付」かで変わる

国税庁の定めているところによると、使用期間が1ヶ月を越える場合は「住居の貸し付け」に該当し、非課税となります。また、居住目的であっても使用期間が1か月未満だと「一時使用」に該当し、課税対象になります。

これは実際の契約によって変わってくるもので、たとえば、マンスリーマンションで1ヵ月以上の期間居住する契約を結んだものの、諸事情によって1ヵ月未満での解約・退去となった場合は非課税となります。しかし、マンスリーマンションであっても、最初から1ヵ月未満の利用期間で契約していたのであれば、課税対象と判断されることもあります。

このあたりは個別の契約形態によって変わってきます。あいまいな部分も多いので、気になるのであれば、事前に管理会社に問い合わせをしてみるといいでしょう。

  • 旅館やホテルに泊まるのではなく、人が「住む」目的で貸し付けされている
  • 契約期間が1ヶ月以上ある
  • 「旅館業法」の貸付等に該当しない

この3点を満たすことで、マンスリーマンションは非課税となります。こうした税金の知識を持っておくと、ビジネスシーンで何かあった場合だけでなく、プライベートでも役立つケースが考えられますので、覚えておいて損はないと言えるのではないでしょうか。

なお、「住宅としての貸し付け」であったとしても、住宅の付属設備を目的物として別に賃料が定められている場合は、課税対象となります。

「賃貸借契約書」があり1ヶ月以上滞在する場合は消費税がかからない

賃貸借契約書においてその物件に居住することが明らかとなっており、その期間が1ヶ月以上と設定されていれば、旅館業法第二条第一項に規定する旅館業に該当しなくなるため、非課税となります。

物件を借りる前には、契約書や契約使用約款などにしっかり目を通しておくようにすると、消費税に関するトラブル防止に役立つでしょう。

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
ペット可の物件なら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
社宅利用
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
長期滞在する来客向けにも活躍する短期賃貸マンション
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました
目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション
短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点
短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由
サイトマップ