東京の格安マンスリーマンション比較 » はじめての短期賃貸マンション講座 » 短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点

短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点

突然の予定変更などで、契約が満了する前に転居しなければならない状況となった時に、途中解約という問題が持ち上がってきます。残りの契約期間が僅かな場合は賃料の差額を諦めて転居してしまうこともできますが、残期間が長くなるほど返金されるか否かは重要な問題です。ここでは途中解約にまつわる情報として、契約前に確認しておきたいことや、実際に中途解約しなければならなくなった時にどのような手続きが必要となるかなどの情報についてご紹介しています。

マンスリーマンションの途中解約

礼金・敷金などの心配もなくすぐに入居できるところがウィークリーマンションやマンスリーマンションの魅力です。契約も1週間単位なので、ちょっとした仮住まいとして便利に利用できる点が人気の理由ではないでしょうか。

しかし短期契約とはいえ、事情によっては急に転居しなければいけない状況が発生することもあるでしょう。一週間程度の契約なら多少賃料は無駄になってしまいますが契約満了まで借りっぱなしにしておくということもできるでしょう。しかし1ヶ月単位で契約してしまったような場合はそうもいきません。やはり途中解約を考えるのではないでしょうか。

ではウィークリーマンションやマンスリーマンションを途中解約する場合に、どのような事が起きるのが見ていきましょう。

そもそも途中解約は可能なのか?

契約書の内容にもよるので業者ごとに途中解約の対応についてはマチマチです。もちろん契約中にその部屋に住むか住まないかは入居者の自由なので、賃料さえ契約期間分きちんと払うのであれば途中で転居してしまっても文句を言う業者はいないでしょう。問題となるのは入居者が「利用しなかった期間については賃料を払いたくない」となった場合です。

このような途中解約にまつわる取り決めは、契約時の規約に必ず書いてあるので目を通しておきましょう。また規約・契約書の内容は、重要事項説明として宅地建物取引主任者からの説明が義務付けられているものです。もし契約時に説明を受けなかったのであれば業者側に重大な過失があるということになります。あくまでも業者とトラブルになった時の最終手段ですが、それを証明できるのであれば有利な交渉に応じてもらえるかもしれません。

返金・違約金について

ウィークリーやマンスリーのような短期賃貸マンションは多くの場合で賃料前払い制をとっています。返金・違約金については完全に規約に従うことになるでしょう。規約は業者によってマチマチで、返金には一切応じてくれない業者もあれば、定められた日数以前に退去を申し出れば残額を返金してくれる業者もあります。契約前にはその辺の規約内容についてよく確認しておきましょう。また規約に明記されていたとしても、業者によってはこちらの事情を考慮してケースバイケースで対応してくれるところもあります。融通を利かせてくれる親切な業者か否かは事前にネットで評判を調べておいて、業者選びの参考にすると安心かもしれません。

違約金についても返金と同様に規約に明記されていますし、実際の対応もさまざまなのであらかじめ調べておく必要があります。通常の契約では違約金を取らないような業者も、長期利用サービスやキャンペーンなどで割引を受けていた場合には請求してくる可能性があるので注意が必要です。

東京の業者でよくあるパターンとしては、マンスリーの場合は退去予定日の2週間前まで、ウィークリーの場合は1週間前までに申し出れば違約金なしで残金返却というものです。これを標準と考えて業者選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

入居前のキャンセルについて

中途解約とはケースが異なりますが、入居前のキャンセルについても見ておきましょう。

基本的に入居前の利用キャンセルは可能です。ただしホテルのキャンセルと同様に、何日前までにキャンセルを申し出るかによってキャンセル料金がかかったり、かからなかったりするので注意が必要です。

よくある例としては、入居21日前までなら無料、20日から11日前までは賃料の50%、10日から当日までは賃料の100%がキャンセル料となるものです。

入居日前に利用が必要ないとわかったら、早めに連絡をしてキャンセルするようにしましょう。

途中解約のデメリットを軽減する利用方法を考える

転居しなければならなくなる理由は突然起こることが多く、途中解約自体を拒否するような業者はまずないと思ってよいでしょう。ただし急な申し出になればなるほど、返金の期待はできなくなるので、ウィークリーマンションとマンスリーマンションの違いを理解して使い分けるといった技も必要かもしれません。

ウィークリーは最短1日から利用可能という所もありますし、マンスリーも最短1週間単位で契約できる所があります。

途中解約しなければならなくなる可能性があらかじめわかっているような人は、1週間単位の契約で延長を重ねながら利用していくのも一つの手かもしれません。初めからまとまった期間を契約するよりも割高となってしまうデメリットはありますが、返金されないロスを考えるとトータルで見てむしろ得になる場合もあるでしょう。

自分のライフスタイルや現在の状況などを考えて、メリットが最大限になる利用方法を作り出せるのもウィークリーやマンスリーなど短期賃貸マンションの魅力ではないでしょうか。

途中解約のまとめ

途中解約するときのことも考えて、自分に合った条件の物件をまず探すことが先決でしょう。規約については面倒でもよく目を通し、わからなければ業者に質問して後々トラブルとならないように充分な理解をしておくことです。そして実際に途中解約しなければならないことになったら、一日でも早く業者に伝えて少しでも支払いロスを減らすようにしましょう。上手に立ち回ってお得に利用してみてください。

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
社宅利用
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
長期滞在する来客向けにも活躍する短期賃貸マンション
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました
目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション
短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点
短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由
サイトマップ