東京の格安マンスリーマンション比較 » はじめての短期賃貸マンション講座

はじめての短期賃貸マンション講座

短期賃貸マンションとは一般賃貸とホテルの中間のニーズを満たす

短期賃貸マンションとは2年ごとに契約更新を迎える一般賃貸物件と旅行や短期出張などで使用するホテルの中間のような滞在を目的としており、マンスリーマンションやウイークリーマンションなどと呼ばれます。一般賃貸のような不動産に関する法律に則っているケースもあれば、ホテルや旅館などに関する法律に則って営業しているケースもあり借主にはわかりにくい点もありますが、とくに判断基準がなく借主の立場では、どちらでも利用する分には問題ないのが現状です。

一般賃貸物件では敷金礼金共益費といった商習慣があるため入居費用が高くつきます。一方、ホテルでは初期入居費用はありませんが1泊や2泊程度を前提としたサービス提供をしているため、1ヶ月ぐらいの滞在は費用が高くついてしまいます。それらの中間のニーズに応えるために生まれたのが、マンスリーマンションやウイークリーマンションといった短期賃貸マンションなのです。

ホテルや一般賃貸物件との違いは、なんといっても家具家電が付いていることです。エアコンやキッチンはもちろんのこと、ベッドや電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機といった生活に必要な物が揃っています。そのため、出張や単身赴任、予め期間が決まっていて今の住まいに戻ってくる前提の人にとっては、新たに家具家電を購入しなくても良くホテルほどの費用がかからないので、非常に便利なサービスとなっています。このようなニーズが多いため東京では多くの短期賃貸マンションが存在しています。

短期賃貸マンションのメリット・デメリットを知っておこう

短期賃貸マンションは良いことづくめのように見えますが、必ずしもそうとは限りません。デメリットを把握しておくことで、より効果的な選択ができると思います。改めておさらいしてみましょう。

メリット

敷金礼金、生活のために使用する家具家電を揃える費用を必要とせず、暮らしを始めることができます。契約さえすれば身体1つで暮らしを始めることができるため、引っ越しのハードルも低いことが最大のメリットです。また、住み始めた街が思ったよりも不便に感じた場合なども、短期賃貸マンションであれば引っ越し費用も抑えることができます。短期的な滞在という目的であれば、その他に用途も制限されていません。

デメリット

一般賃貸物件と比べると短期賃貸マンションの方が数が少ないので、選択肢はやや狭まる傾向にあります。

また、一般賃貸と同じように、マンション内のトラブルはどうしても起こり得ます。ただ、マンスリーマンションの方が簡単に住み替えができるので、トラブル物件からの引っ越しはより簡単になります。

入居の流れや料金のしくみ

短期賃貸マンションは一般賃貸を借りる際と入居までの流れが若干違います。まず、短期賃貸マンションには内見がありません。電話やホームページ上から申し込みをし、予約をすることで入居手続きが始まります。郵送などによって契約書の取り交わしを行うため、場合によっては短期賃貸マンションを扱っている業者の店舗に行くことなく入居開始まで進むことがあります。入居後には契約内容と相違ないかしっかり確認をしましょう。

料金に関しては契約する期間の費用が前払いとなります。相場は一般賃貸物件と同じように大都市であれば高くなる傾向があります。備え付けの家具家電や水道光熱費などは利用料金という項目で請求され、ほとんどの短期賃貸マンション1日単位での単価が設定されています。なお、水道光熱費は利用料金に事前に含まれているものの、度を超えた利用をした場合は超過料金として別途発生する場合がありますので注意しましょう。

マンスリーマンションはキャンペーンを活用してお得に利用!

マンスリーマンションはそれぞれの会社が独自に行っている、キャンペーンをうまく活用することで、普通に利用するよりもはるかにお得に利用することが出来ます。期間限定、部屋限定の割引プランや、早期予約による早割プランなどが一般的。

とは言え、初めてマンスリーマンションを利用する人にとって全てのホームページをチェックするのはなかなか手間…

そこで各社が実際に展開しているキャンペーン情報を調査しまとめました!マンスリーマンションの利用を検討している人はぜひチェックしてみてくださいね。

以上、短期賃貸マンションについてかいつまんで紹介しました。この他にも、初めて短期賃貸マンションを借りる人にはわからない点もあるかと思います。よくある質問をまとめましたので合わせて確認しましょう。

短期マンション探しで知っておきたい基礎知識

入居の流れ

マンスリーマンションの入居には大きく分けて物件探し・賃貸契約・支払いの3つのステップがあります。
まず、借りたい物件を探しましょう。次に入居の申し込みを行い、契約を結びます。最後に、契約先の口座に費用を振り込んで一連の手続きは完了です。
ここでは物件選びのコツや契約の際に注意しておくべき点など、入居のステップ別に知っておきたいポイントを解説しています。マンスリーマンション入居の際にぜひ一読してみてください。

入居の流れ

料金のしくみと相場

マンスリーマンションでは水道光熱費をはじめ、生活するうえで様々な費用が発生します。一方、マンスリーマンションは一般的なマンションと異なり、敷金・礼金・仲介手数料が無料なのが特徴。
ここではマンスリーマンションで発生する諸費用を解説し、企業別の費用相場をまとめました。1か月あたりの合計料金をシミュレートし、表で徹底比較。企業によってかかる費用はそれぞれ変わるので、マンスリーマンション選びの参考にするとよいでしょう。

料金のしくみと相場

マンスリーマンションQ&A

マンスリーマンションに関する質問を契約時・入居時・退去時の3項目ごとに掲載。部屋選びの方法や契約形態に関する疑問のほか、契約時に必要な持ち物についてまとめています。入居中の契約延長や、退去に関する質問までO&A形式で回答。
マンスリーマンションを借りる上でよくある質問をまとめているので、手続きや入居中にふと疑問に思うことがあったらこちらのページをチェックしてみてください。

マンスリーマンションQ&A

お得なキャンペーン情報をまとめました

マンスリーマンションは、借りる時期や場所によって費用が高くなってしまうことがあります。なるべくお得に借りるためには、マンスリーマンションを扱っている会社のキャンペーンを利用するのがおすすめ。
以下ではマンスリーマンションを提供する企業を5つピックアップ。それぞれの企業が行っている最新キャンペーン情報を掲載しています。賃料50%オフ、契約手数料無料など、普通に借りるよりお得に借りられるチャンスなので、キャンペーン内容を確認してぜひ利用してみてください。

お得なキャンペーン情報をまとめました

マンスリーマンションを契約する時のチェックポイント

一時的な住環境が必要な場合に便利なマンスリーマンション。入居した日からすぐに利用できる一方、物件や企業ごとに間取りや設備、家具などが異なるのが特徴です。
ここではマンスリーマンションを選ぶ際に注意しておきたいポイントを9点解説しています。環境の利便性や、家具・家電といった設備の充実さなどの他、事前に用意しておくべきものがあるかどうかはチェックすべきです。入居後不便なく過ごすことができるように一度目を通してみてくださいね。

マンスリーマンションを契約する時のチェックポイント

目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション

マンスリーマンションは、ビジネスホテルのようにシンプルな設備のみの物件ばかりといったイメージがあります。
しかし、近年になって利用者のライフスタイルや希望に合わせて柔軟に対応できる物件が増えていることをご存知でしょうか。例えばペットが飼えたり、インターネット環境が整っていたり。一般のマンションと変わらない条件で利用できる物件を多く見かけるようになりました。
こちらでは多様化するマンスリーマンションの形態についてまとめています。興味のある方は是非読んでみてください。

目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション

短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点

入居中に予定が変更したり、事情によって転居する必要が生じたり…そんなときに備えて知っておきたいのが途中解約時のポイント。
一時的な入居ができる点が人気のマンスリーマンションですが、途中解約が可能かどうか意外と知らない人は多いのではないのでしょうか。たとえ短期間の入居でも、万が一の事態に備えて途中解約時のリスクや注意点を知っておくことが大切です。
ここでは途中解約に関する対策についてそれぞれまとめているので、マンスリーマンションを借りる予定のある方は目を通しておきましょう。

短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点

マンスリーマンションと民泊のそれぞれの良い点悪い点

マンスリーマンションと民泊は、いずれも一定期間の仮住まいとして利用できる便利な施設です。マンスリーマンションは必要最低限の設備が揃っており、出張や外出が多いビジネスマンを中心に多く利用されています。
一方民泊はマンスリーマンションと異なり入居・退去時の事務的手続きが簡単なケースが多いです。都心に限らず様々な地域で展開されており、外国人の利用者も増えているのが特徴。
以下ではこうした特徴を踏まえ、マンスリーマンションと民泊それぞれのメリット・デメリットを掲載。自分に合った施設を検討してみてください。

マンスリーマンションと民泊のそれぞれの良い点悪い点

マンスリーマンションでレンタルできる備品

マンスリーマンションが便利な理由は、何よりも家具家電や設備があらかじめ備わっているためです。
設備の準備に手間やコストがかからないので、なるべく費用を抑えたい方や1人暮らしが初めての方でも安心して暮らすことができます。
このページでは、マンスリーマンションを取り扱う業者や、業者が提供する生活備品を徹底比較。備え付けの家具を事前に知っておくことで、準備が必要なもの・不要なものが分かり、入居がスムーズになるでしょう。
有料レンタル品や販売品についても紹介しているので、マンスリーマンションでの生活を始める予定がある方は要チェックです。

マンスリーマンションでレンタルできる備品

短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由

マンスリーマンションは1週間や1か月の短期滞在の場合に利用するのがおすすめです。
かつてはシェアハウス・民泊・下宿などマンスリーマンションの他に利用されている短期宿泊向けの施設が多くありました。しかし複数人が同じ住宅内に集まって生活することになるため、プライバシーが守られない面が大きな壁に。 マンスリーマンションがおすすめな理由はプライバシーが守られているだけでなく、その利便性やコスパの良さにあります。
ここではそれぞれの住まい・施設の特徴を掲載し、マンスリーマンションとの違いを比較しました。それぞれの特徴をしっかり理解し、住まい選びに役立ててください。

短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由

あなたはどれで選ぶ?ニーズ別おすすめマンスリーマンション会社

○○のマンスリーマンションなら
ここがおすすめ!
短期滞在するなら
長期滞在するなら
価格の安さなら
グレードの高い物件なら
すぐに入居したいなら
都内エリア別
マンスリーマンション会社3選
池袋エリア
上野エリア
新宿エリア
六本木エリア
渋谷エリア
蒲田エリア
練馬区エリア
墨田区エリア
品川区エリア
中野区エリア
目黒区エリア
板橋区エリア
江東区エリア
新橋エリア
世田谷エリア
杉並区エリア
下北沢エリア
二子玉川エリア
江戸川区エリア
葛飾区エリア
東京駅エリア
浦安エリア
【コラム1】エリア選びで賢く
借りよう
どんな借り方もOK!
家具家電付き賃貸の100%活用術
単身赴任・長期出張
研修・プロジェクト
受験
就活
お試し同棲
同居
介護の付き添いに
学生の住まいとして
建て替え・リフォーム中の仮住まい
フェス・イベント参加
引っ越し好きな方にも
プレ一人暮らし
別居
趣味
旅行
社宅利用
【コラム2】どれがお得?
一般賃貸VS短期賃貸VSホテル
長期滞在する来客向けにも活躍する短期賃貸マンション
マンスリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京
ユニオンマンスリー
マンスリーベスト
グッドステイ東京
レオパレス21
リブマックス東京
東都マンスリー
快適マンスリー
クリエイトマンスリー
東京マンスリー21
日神管財
東京バリスタ
グッドマンスリー
マンスリー48
マンスリーズ
月極倶楽部
レジデンストーキョー
ミスタービジネス
LIFULL HOME'S マンスリー
はじめての
短期賃貸マンション講座
入居の流れ
料金のしくみと相場
マンスリーマンションQ&A
お得なキャンペーン情報をまとめました
目的やライフスタイルで選べる短期賃貸マンション
短期賃貸マンションを途中解約する場合の注意点
短期間の賃貸ならマンスリーマンションがおすすめな理由
サイトマップ