東京でマンスリーマンションを探すならココ!おすすめ業者3選

長期出張や受験などの宿泊先として便利なマンスリーマンション。こちらでは、東京都内で評判が高いといわれている3社をピックアップ。さらにさまざまな角度から比較してみました。その比較ポイントは以下の3つ。

・東京都内(23区)での物件数
・選べるプラン数
・エリアごとの最安料金(間取り:1K、利用期間1~3か月)

合わせてそれぞれの会社の特徴などについてもわかりやすく掲載しています。もっと詳しく「マンスリーマンションの情報を手に入れたい!」という方は、ぜひ公式ホームページにアクセスしてみてください。
※掲載内容は2017年3月現在の情報です。

会社名 ユニオンマンスリー
top1
公式HPで物件を見る
リブマックス
top2
公式HPで物件を見る
グッドステイ
top3
公式HPで物件を見る
都内23区物件数 2,059件 1,893件 1,908件
選べるプラン数 5プラン
(最短1日~15日未満)
4プラン
(最短7日~1か月未満)
4プラン
(最短7日~1か月未満)
新宿エリア
最安プラン
81,000円/月~ 105,000円/月~ 108,000円/月~
中央区エリア
最安プラン
87,000円/月~ 118,500円/月~ 114,000円/月~
渋谷区エリア
最安プラン
78,000円/月~ 102,000円/月~ 108,000円/月~
特徴 ●敷金礼金手数料不要
●即日入居OK
●他社ではオプション扱いになりがちなベッド等寝具類も標準装備
●敷金礼金不要
●国内トップクラスのシェア
●プレミアムタイプなどグレードの高い物件も
●敷金礼金手数料不要
●安心、安全なデジタルテンキーを採用

マンスリーマンション(ウィークリーマンション)選びの
4つのポイント

明確な料金体系

マンスリーマンションは、家賃に当たる「利用料」の中に、清掃費・契約手数料・会員費用といった様々な諸経費が含まれてきます。サイトに、掲載されている料金にプラスしてこうした諸経費が必要になり、想像以上に利用料がかかる場合もあるので注意しましょう。料金体系が明確で、追加費用が発生しない会社を選びましょう。

サポート力

どんなマンションに入居したとしても、「水が出なくなった」「カギをなくしてしまった」「家電に不具合が…」といった予期せぬトラブルに遭遇する可能性は十分にあります。24時間対応ができるカスタマーサービスなど、頼れるサポート体制を整えている会社なら、そうした場面に出くわしても安心です。

提供する情報量

短期利用でスピード入居が主な用途のマンスリーマンションでは、内見の時間を取るのも難しいですよね(希望すれば内見自体は可能)。しかし都内には色々な物件がありますし、住んでから後悔はしたくないものです。物件紹介ページに写真や間取り図などが載っていて、部屋の様子や情報がしっかりわかるサイトなら信用できます。

サイト選び

マンスリーマンションの紹介サイトの中には、色々な会社の物件情報を網羅したポータルサイトもあります。たしかにこうしたサイトも便利ですが、実際にマンスリーマンションを運営している会社のHPから問い合わせた方が、様々なキャンペーンやお得なサービスを受けることができるのでおすすめです。

期間や利用目的で選ぶ!おすすめマンスリーマンション会社

短期の観光旅行や長期の単身赴任など、利用する目的によって入居するマンスリーマンションの種類は変わってきます。
数ある東京のマンスリーマンション運営会社を、ニーズ別に分類してみたので、ぜひ参考にしてみてください!

短短期滞在するなら

1週間~1ヶ月といった、短期的な住まい探しを目的としている場合のおすすめマンスリーマンション会社を紹介しています。受験や就職活動といった試験の拠点やニーズにぴったりな会社が揃っています。

詳しく見る

長長期滞在するなら

半年以上~数年といった長期間でマンスリーマンションを利用したい方に向けて、長期滞在プランや物件が充実した会社を紹介。出張や転勤のサラリーマン、年次でキャンパスが変わる学生さんにおすすめです。

詳しく見る

安価格の安さなら

築年数や駅からの距離、高設備などを気にせず、1日の利用料金をとにかく抑えたい人にぴったりなマンスリーマンション会社を紹介しています。ほぼ家にいない人にぴったりなマンスリーマンションです。

詳しく見る

高グレードの高い物件なら

東京に慣れていない方には、駅チカ物件やオートロックでセキュリティ万全なマンションの方が安心です。運営会社のサポート体制など、手厚い入居者サービスがある会社をピックアップしました。

詳しく見る

即すぐに入居したいなら

東京で急ぎの用事があり、すぐに宿泊先が必要になった場合、入居手続きがスピーディーなマンスリーマンションを活用してみてください。ホテルよりリーズナブルに宿泊できるかもしれませんよ。

詳しく見る

人気エリア別!物件数が多いマンスリーマンション会社まとめ

マンスリーマンション需要が高い東京のエリア別に、物件数やサポートが手厚い会社を紹介しています。

新宿エリア

日本一の巨大交通ターミナルを持つ新宿駅を中心としたエリアです。山手線の西側に位置し、東京都庁や高級ホテルなどがある高層ビル群や、歓楽街として有名な歌舞伎町を有するエリアです。初めて東京に訪れる人が最初に降り立つ街と言っても過言ではないはず。

渋谷/恵比寿エリア

文化発信地と新興企業が多く集まるエリアです。若者の街というイメージがありますが、高級住宅街である青山、松濤、広尾といった落ち着いた顔も持っています。学校も多いので、ビジネスマンだけでなく学生からも人気のエリアです。

池袋エリア

山手線の北側に位置し、埼玉方面の玄関口として多くの人に愛されているエリアです。新宿・渋谷と連なる東京の副都心で、劇場や映画館も多くあり、庶民的な繁華街という印象の街です。地下鉄を使えば銀座方面にも出やすい立地です。

六本木/麻布エリア

山手線の内側にあり、欧米系外資企業や大使館がある影響で外国人が多くいるエリアです。最先端のファッション文化が生み出され、高級飲食店が立ち並ぶ、非常に都会らしい場所です。ここで紹介してる中で、一番家賃相場が高いエリアといえます。

蒲田/大森エリア

羽田空港や品川まで電車で10分圏内という、長距離移動が多い人にぴったりなエリアです。都内で単身赴任しながら、地方出張も多い人におすすめです。昔からの住宅地なので、比較家賃相場が落ち着いているエリアでもあります。横浜や川崎にも通いやすいのも特徴です。

上野/秋葉原エリア

下町と最先端の商業施設が混じり合ったエリアです。山手線の東側に位置し、大手町や丸の内といったビジネス街に通いやすいので、利便性も高い地域です。賑やかなイメージがありますが、昔ながらの住宅地が多くあり、落ち着いた暮らしができるでしょう。

浦安/新浦安エリア

東京都江戸川区の隣、千葉県浦安市エリアです。近郊でも東京都外に出れば、家賃相場は大きく割安になります。新興住宅地でもあるので、若い家族が多く住んでいるのが特徴的です。日本橋や大手町に通いやすく、証券会社が多く集まる兜町勤めの人にはぴったりです。

東京駅エリア

日本最大のターミナル駅。周辺には有名企業の本社などオフィスビルが建ち並びます。建物が2014年に改装されて以来、駅利用者以外にも多くの人が行き交う人気スポットとしても知られています。家賃相場は高めですが、アクセス面でとても便利なエリアです。

こんな使い方もOK!マンスリーマンション100%活用術

利便性が高いマンスリーマンションは、色々なシーンで活用することができます!

単身赴任/長期出張

最もマンスリーマンションが使われるシーンとも言えます。既に持ち家がある状態で、新たに家具家電を購入して1人暮らしを始めると、コスト負担が大きく大変です。これらのコスト負担を軽減するのが、マンスリーマンションのメリットです。

詳しく見る

研修/プロジェクト

研修やプロジェクト時の寮として使用するケースが多くあります。常に緊張の連続のこれらのシーンでは、自宅のようにリラックスできる環境が必要です。マンスリーマンションは、心理的負担を減らしてくれるでしょう。

詳しく見る

受験

地方に住む受験生にとっての悩みごとが宿泊先です。複数の大学を受験する場合、大学の受験日ごとに宿泊先を探すのは時間的に無駄が多く余計な労力を必要とします。そこで活躍してくれるのがマンスリーマンション。2週間などのまとまった期間で宿泊できるので大変便利です。

詳しく見る

就活

都内での就職活動をする際には、ネックとなってくるのが面接日。面接の度に上京するのは金銭的にも、時間的にも無理が生じてきます。マンスリーマンションでは、まとまった日数を継続して取ることができ、経費の削減にもなるので大変便利です。

詳しく見る
top_syukatsu

建て替え/リフォーム中の仮住まい

およそ半年ぐらいの間、ホテル住まいだと高くなってしまうため、マンスリーマンションを利用する人が多くいます。ファミリー向けのマンスリーマンションも、東京都内には多くありますので安心してください。

詳しく見る

学生の住まいとして

東京では1・2年と3・4年でキャンパスが違う大学がいくつかあります。その度、一般賃貸マンションを引っ越していると入居費用負担が大きくのしかかります。マンスリーマンションは、それらの負担を軽減してくれるでしょう。

詳しく見る

引っ越し好きの人向け

勤務先変更とかではなく、引っ越しそのものを目的としている人が一定数いらっしゃるでしょう。マンスリーマンションであれば家具家電や入居費用がないため、低コストで引っ越しが非常にしやすくなっています。

詳しく見る

フェス/イベント参加

夏場はフェスやイベントが東京近辺で多く開催されます。その都度東京遠征をしていたら交通費負担が大変なことになります。友人と一緒に拠点として借りるなど、マンスリーマンションをぜひ活用してみてください。

詳しく見る
top_dosei

お試し同棲

結婚を約束した二人。「このまま住居を共にしていいのか?」と悩んでしまうこともあるでしょう。そこでマンスリーマンションの登場です。家電家具などがそろっているので新たに買い足す必要がありませんし、お互いのことを結婚前に深く知るきっかけの場としても最適です。

詳しく見る

プレ1人暮らし

1人暮らしは早い段階でしておいた方が良いと言われますが、家財道具一式をそろえるのは経済的にも大きな負担です。マンスリーマンションであれば家具家電が備え付けられており、短~中期で借りられるため、一人暮らしの良い練習になります。

詳しく見る
top_kaigo

介護や入院患者の付き添いに

大事な人に介護や入院の付き添いが必要となった場合、一番困るのが付き添い人の宿泊先です。マンスリーマンションであればある程度まとまった日数の宿泊が可能で、家電家具などが付いているので自炊もでき、不要な出費を抑えることができます。

詳しく見る

マンスリーマンション・ウィークリーマンションの
おすすめ検索サイト@東京

ユニオンマンスリー

ユニオンマンスリー

引用元:https://www.unionmonthly.jp/

東京最大級の物件数!手厚いサービスと他社を圧倒する格安料金

ユニオンマンスリーは、東京都内で最大級の取り扱い物件数を誇るマンスリーマンション業者です。業界最安レベルの料金ながら、すべての物件が最寄駅から徒歩圏内にあり、利便性の高いマンションを提供しています。スピーディーな入居・退去手続きも魅力です。

利用者の声を見る

マンスリーベスト

マンスリーベスト

引用元:http://www.monthly-abest.com/

キャンペーン物件多数!期間や条件次第でリーズナブルに

マンスリーベストは、兵庫県西宮市に本社を構える株式会社リブマックスリーシングによって運営されているマンスリーマンション業者です。本社のある兵庫県だけではなく、東京をはじめ全国に1,500件以上の物件を持ち、お得なキャンペーンも数多く実施しています。

利用者の声を見る

グッドステイ東京

グッドステイ東京

引用元:http://www.good-stay.net/tokyo/

全室分譲マンション借上げ物件!広く快適な空間を提供

グッドステイ東京の一番の魅力は、提供している全室が分譲住宅借上げ物件ということ。都心の物件はもちろん、東京23区外にも多くの部屋を持っています。常設されている家具家電だけでなく、食器や洗剤類といった生活備品セットの販売も行っています。

利用者の声を見る

レオパレス21

レオパレス21

引用元:http://www.leopalace21.com/

テレビCMでもおなじみ!一般賃貸から短期宿泊まで利用可能

レオパレス21は、通常の賃貸物件から家具家電付きの短期利用物件まで運営している、大手マンション業者です。全国に2,000室以上を所有しており、手数料や光熱費などの料金体系もわかりやすく設定されています。学生向けの各種サービスが豊富です。

利用者の声を見る